朝日新聞デジタルfor App Store 利用規約(2023.3.9実施)

  1. 第1条 定義
    1. 朝日新聞デジタルfor App Store 利用規約 (以下「本規約」といいます)において使用する用語を次のように定義します。
    1. 「当社」とは、株式会社朝日新聞社をいいます。
    2. 「本サービス」とは、Apple IDによるApp StoreでのApp内課金向けに当社が提供する有料情報サービス「朝日新聞デジタルfor App Store」 をいいます。
    3. 「利用者」とは、本サービスを利用する個人及び利用を希望する個人をいいます。
    4. 「朝日ID」とは、当社が朝日ID会員規約(URL:https://id.asahi.com/asahiID/tos.html)に基づいて提供する情報提供サービス及び決済・認証サービスをいいます。
    5. 「拡張機能」とは、スクラップブック・MYキーワード・ニュースメール等の機能であり、当社が提供する電子情報サービス「朝日新聞デジタル」を当社のWEBサイト上から申込した場合に利用できる機能全般をいいます。
  2. 第2条 本規約
    1. 本規約は、利用者による本サービスの購読及び利用に関する一切について適用されます。
    2. 利用者は、本規約を読み、その内容に承諾しているものとみなされます。
    3. 本サービスに関して当社が別途定める特約、総合ガイド、利用案内・ヘルプその他の諸規定(以下、総称して「特約等」といいます)も本規約の一部を構成します。本規約と特約等の定めが異なる場合は、特約等の定めが優先して適用されます。
    4. 当社は、以下のいずれかの場合に、当社の裁量により本規約を変更することができるものとします。
      1. (1)本規約の変更が、利用者の一般の利益に適合するとき
      2. (2)本規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき
    5. 当社は前項による本規約の変更にあたり、変更の効力発生日の前までに、規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容と効力発生日を総合ガイドの新着情報・ニュースリリースページ(URL:https://digital.asahi.com/info/information/)に掲載し、または利用者に通知します。
    6. 利用者が未成年、成年被後見人、被保佐人及び被補助人である場合は、法定代理人の同意を得たうえで本サービスを利用してください。
  3. 第3条 朝日IDとの関連付け
    1. 利用者は朝日IDに登録し当社所定の手続きによって本サービスと関連付けする(以下「朝日IDとの関連付け」といいます)ことで、本サービスに加えて拡張機能を利用することができます。
    2. 朝日IDに登録する場合には、別途「朝日ID会員規約」(URL:https://id.asahi.com/asahiID/tos.html)に同意する必要があります。本規約と朝日ID会員規約の定めが異なる場合は、本規約の定めが優先して適用されます。
    3. 朝日IDとの関連付けをして拡張機能を利用する利用者には、以下(1)~(4)の規定も適用されます。
      1. (1)拡張機能
        1.   a)拡張機能は、当社指定の動作環境において閲覧・利用することができます。ただし、利用者が使用する機種、機器、設備、オペレーティングシステム、ネットワーク及び通信環境等により、利用に制約が生じる場合があります。
        2.   b)利用者は、朝日IDのログインID及びパスワード(以下「認証情報」といいます)を用いてアクセスして拡張機能を閲覧し、そのサービスを利用することができ、登録したメールアドレスでニュースメールを受け取ることができます。ただし、一定期間ニュースメールが開封されない場合など、一時的にメール配信を停止する場合があります。ニュースメールはお客様サポートのページ(URL:https://digital.asahi.com/my_menu/)の「メール設定」から遷移する朝日IDサービスのメールサービスの設定ページより、配信の開始または停止を設定することができます。利用者は認証情報を自らの責任で管理するものとします。利用者の認証情報を用いて行われた行為は、すべて利用者の行為とみなされます。認証情報の不正使用により商品購入がなされた場合その他、認証情報を第三者に使用されたことにより利用者に生じた全ての損害等について、当社は一切責任を負わないものとします。
      2. (2)登録情報の確認・変更
        1.   利用者は、当社が定める手続きに従い、登録されている自己の登録情報(以下「登録情報」といいます)を確認することができます。登録情報に変更が生じた場合、利用者はお客様サポートのページより、速やかに変更手続きをするものとします。手続きをしなかったことにより利用者が不利益を被ったとしても、当社は一切責任を負いません。
      3. (3)個人情報
        1.   a)当社は、個人情報を、「個人情報保護方針」(URL:https://www.asahi.com/corporate/privacypolicy/)に従って厳正に管理し、適切に取り扱います。また、当社は、個人情報を、当社、当社のグループ企業及びASAなど朝日新聞を取り扱う新聞販売所(以下、総称して「朝日新聞グループ」といいます)において、次項b)に定める目的で共同利用します。その他、共同利用についての公表事項は、「個人情報について」(URL:https://www.asahi.com/corporate/privacypolicy/)にてご確認ください。
        2.   b)当社は、個人情報を、本サービスの運営、提供(賞品・特典類の送付、問い合わせやトラブルへの対応、顧客管理、各種通知・連絡を含みます)に利用するほか、朝日新聞グループにおいて、以下に定める利用目的の範囲内で共同利用します。また、あらかじめ当該個人情報の当事者の同意を得た場合、その同意を得た範囲内で個人情報を利用することがあります。
          1.    ①商品・サービスの配送・提供
          2.    ②商品・サービス・催し物の案内(利用者の属性情報、ウェブサイト閲覧履歴、アプリ使用履歴、購買履歴等を分析し、分析結果に基づいて趣味・嗜好に応じたメール・郵送物等によるお知らせや広告配信をすることを含みます)
          3.    ③既存の商品・サービスの改善や、新しい商品・サービスの開発などのための調査
          4.    ④朝日新聞グループ以外の企業から依頼・提供された商品・サービス・催し物の案内及びプレゼントやアンケート類の送付(利用者の属性情報、ウェブサイト閲覧履歴、アプリ使用履歴、購買履歴等を分析し、分析結果に基づいて趣味・嗜好に応じたメール・郵送物等によるお知らせや広告配信をすることを含みます)
          5.    ⑤上記①~④に付随する業務
        3.   c)当社は、前項b)に定める業務の一部を、第三者(以下「委託先」といいます)に委託することがあるものとし、委託業務遂行のために、委託先に個人情報の取り扱いを委託することがあります。この場合、当社は委託先に対し、委託業務の遂行に必要な範囲内でのみ個人情報を開示して取り扱わせるとともに、個人情報の厳正な管理及び取り扱いを義務付けます。
        4.   d)当社は利用者の登録情報について、個人を特定できない統計的数値として処理した上で、本サービスの広告主及び当社の提携企業等を含む第三者に提供することがあります。
        5.   e)利用者が、拡張機能を通じて第三者と取引関係を持ったことにより、当該第三者が取得した個人情報の取り扱いについて、当社は責任を負いません。
        6.   f)当社は、解約・解除等の事由を問わず、本サービスのご購読終了後も、法令上保管の必要のある情報を当該法令に従い保管する他、利用目的の達成に必要な範囲内で当該利用者に関する個人情報を保有し、「個人情報保護方針」(URL:https://www.asahi.com/corporate/privacypolicy/)に従って取り扱うものとします。
      4. (4)拡張機能についてのサポート
        1.   拡張機能に関するお問い合わせは、当社からの回答に対する再度のお問い合わせも含め、総合ガイドのお問い合わせページまたは電話(お問い合わせ専用ダイヤル(無料)0120-383-636)より受け付けます。ただし、認証情報や登録情報にかかる個人情報の問い合わせ並びに変更及び解約手続きの操作依頼には、個人情報保護の観点から原則として対応いたしません。当社はパスワードを暗号化して管理しているため、利用者ご自身から認証情報及び登録情報の問い合わせがあっても原則としてお答えできません。認証情報を失念した場合の確認や登録情報の確認・変更手続きは、当社所定の方法に従って行ってください。
  4. 第4条 注意事項
    1. 利用者は、本サービスに関して以下の制約があることを予め承諾するものとします。
      1. (1)本サービスの申し込み・支払い・解約はすべてApp Storeを通じて行われます。
      2. (2)本サービスはApp StoreでのApp内課金向けコースのため、当社のWEBサイト上で申し込み可能な各種コースやGoogle Playでのアプリ内課金向けサービスへの変更をする場合には、本サービスを一度解約する必要があります。
      3. (3)購読期間終了後は、購読期間中に提供されたものも含め、本サービスについての閲覧・利用ができなくなります。ただし、朝日IDとの関連付けをした場合は、朝日IDサービスの会員登録が解約等により終了しない限り、ニュースメール(利用者限定のメールは除きます)は受け取ることができます。
      4. (4)本サービスはApp Store で購入したコンテンツを家族で共有できる「ファミリー共有機能」には対応しておりません。
      5. (5)朝日IDでログインした状態で本サービスをお申込みいただくと自動的に朝日IDとの関連付けがおこなわれます。
      6. (6)朝日IDとの関連付けの状態はApple IDでログインしているすべての端末で同期されます。
      7. (7)日本国外から購入される場合、購読料金は現地通貨で換算された金額で請求されます。購入前に表示されるApp Storeの情報をご確認ください。
  5. 第5条 支払いと自動更新
    1. 利用者は、当社が設定する条件(本サービスに初めて申し込みをする場合等)を満たす場合に、申込完了後から当社が設定する期間(以下「試用期間」といいます)中、本サービスを無料または割引料金で利用することができるものとします。
    2. 利用者は、試用期間終了の少なくとも24時間前までに解約手続きをとらなかった場合、自動的に当社が設定する本サービスの1カ月間の購読料金(以下「購読料金」といいます)が課金され、当社が設定する1カ月間の有料サブスクリプション期間(以下「購読期間」といいます)が開始します。以降、購読期間終了の24時間前までに解約されない限り、自動的に購読料金が課金され購読期間が更新されます。
    3. 利用者は、試用期間を利用できない場合には、申込完了後から購読料金が課金され購読期間が開始します。以降、購読期間終了の24時間前までに解約されない限り、自動的に購読期間が更新され、購読料金が課金されます。
    4. 購読料金はApp Storeでの App内課金によりApple IDに設定されている支払い方法に請求されます。
    5. 購読料金は、購読期間中に本サービスの閲覧・利用があったかどうかにかかわらず課金されます。
    6. 当社がやむを得ないと判断した特別な場合を除き、いかなる場合でも購読料金の返金はいたしません。
    7. 解約手続きが購読期間の途中であった場合でも購読料金の日割り計算はいたしません。
    8. 購読料金の支払いについて、当社から領収証の発行はできません。支払い明細については、Appleからのメールを利用者自身で確認するものとします。
  6. 第6条 費用
    1. 利用者は、本サービスの利用に必要となる機種、機器、設備、オペレーティングシステム、ネットワーク及び通信環境(携帯電話会社との間で必要な契約を含みます)等について、利用者自身の責任と費用において適切に準備、操作するものとします。また、本サービスの利用には通信料がかかることがあります。本サービスの利用に伴う通信料など全ての費用は、利用者の負担とします。
  7. 第7条 アクセスデータの利用について
    1. 本サービスでは、クッキーやその類似技術を用いて、利用者のコンピュータ、スマートフォン、タブレット等のデバイスから、アクセスしたURL、アクセス時間、IPアドレス等の端末情報、クッキーID、広告ID等のデータ(以下、総称して「アクセスデータ」といいます)を収集し、利用者の興味関心に合わせた情報の提供や利用者に適した広告配信等のため利用することがあります。また、当社では、サービス改善等のための分析、行動ターゲティング広告等の広告配信、コンテンツ配信や、他社が運営するウェブサービスにおける行動ターゲティング広告配信等を、当社または第三者が提供するツールを用いて行っています。当社はその過程で、取得したアクセスデータを、当社が保有するお客様の属性情報等と紐づけて利用することがあります。詳細は「アクセスデータの利用について」(URL:https://www.asahi.com/corporate/privacypolicy/13019112)をご確認ください。
  8. 第8条 リンクについて
    1. 利用者は、掲載記事へのリンクについて、営利を目的とせず、掲載記事へのリンクである旨を明記し、フレームなしで行うなど一定の条件を満たしている限り、原則として自由に行うことができます。ただし、本サービスの趣旨に合わない場合や情報発信源を誤認させるような形でリンクを張るなど、当社の事業等を害する恐れがある場合(次項に定める方式を含む)は、リンク自体をお断りすることがあります。なお、本サービスの編集・更新の都合により、本サービス内の各ページは予告なく変更・削除されることがあり、リンクを設定いただいても、短期間でリンク切れとなる可能性もあることを、利用者はあらかじめ承諾するものとします。
    2. いわゆるフレームリンク、直リンク、エンベッドなど、本サービスの内容を他サイトのコンテンツと組み合わせて表示するリンクや、デジタル版の内容が単独で表示される場合であっても、リンク先のホームページの一部として表示される形のリンク、または一般に当社の信用にかかわるようなリンクの仕方は、営利・非営利を問わず禁止します。
    3. 当社がSNSでのシェアのために本サービスに設定したOGP(Open Graph protocolを意味し、設定されるタイトル・テキスト・画像等の一切のコンテンツを含みます)については、アプリ上の機能・サービスにより設定されている方法その他当社が特に認めた方法による本サービスの共有のためにのみ使用できます。それ以外での使用については営利・非営利を問わず禁止します。
    4. 利用者が前2項に定める禁止事項に反した場合には、当社は、本サービスへのアクセスをブロックするなど必要な措置をとる場合があります。
  9. 第9条 問い合わせ
    1. 本サービスのお支払い、解約・返金に関する内容はAppleサポートへお問い合わせください。
    2. 上記以外の事項(本サービスが利用できない等)についてのお問合せは当社のお客様窓口で対応いたします。
  10. 第10条 著作権その他の権利
    1. 本サービスの著作権は、当社に帰属します。また、本サービスを構成する記事・画像及びプログラム等(以下、総称して「コンテンツ等」といいます)の著作権その他の権利は、当社及び正当な権利を有する第三者に帰属します。
  11. 第11条 本サービスの中断
    1. 次の各号のいずれかに該当する場合、当社は、利用者に事前に通知することなく、本サービスの一部または全部を一時的に中断または終了することができるものとします。
      1. (1)通信回線の故障、または火災、停電、天災地変、戦争、疫病などの不可抗力により、本サービスの運営が困難になった場合。
      2. (2)本サービスのシステム保守に必要な場合。ただし、予定されたシステム保守による中断については、利用者に事前にお知らせすることとします。
      3. (3)その他本サービスを提供できない合理的な事由が生じた場合。
  12. 第12条 免責
    1. 利用者に対する当社の責任は、利用者が支障なく本サービスを利用できるよう、善良な管理者の注意義務をもって本サービスを提供することに限られます。本サービスは利用者による本サービスの利用時点で提供される通りであり、当社は本サービスについて明示または黙示を問わずいかなる保証(本サービスの機能及びコンテンツ等の完全性、正確性、有用性、最新性、特定の目的への適合性についての黙示の保証を含みますが、これらに限りません)をする義務も負いません。
    2. 本サービスの各コンテンツには、外部のコンテンツへのリンクが表示されたり、外部事業者が管理運営するSNSの機能または動画埋め込み機能を使って外部のコンテンツ(利用者のコメント、ネット動画を含みますが、これに限られません)が表示されたりする場合があります。これらの外部のコンテンツ(以下「外部コンテンツ」といいます)は当社が管理運営するものではなく、外部コンテンツやリソースについては一切責任を負いません。また、当社は、外部コンテンツやリソース上に掲載され、利用可能となっているコンテンツ、広告、商品、サービスなどに起因または関連して利用者に生じた一切の損害(間接的であると直接的であるとを問いません)について賠償する責任を負いません。
    3. 当社は、利用者に提供する賞品・特典類について契約不適合責任を負わないものとします。
    4. 天災地変、戦争、内乱、暴動、疫病、法令の制定改廃・運用の変更、配信等の規制に関する基準の変更、公権力による命令処分、ストライキ、通信回線の障害その他の不可抗力により本サービスの中断、遅延、停止、終了が生じても、当社は責任を負いません。
    5. 当社は、本サービスのサービス内容もしくはコースの種類・内容を変更、またはサービスの一部または全部を終了することがあります。
    6. 前項の場合、当社は一切の責任を負いません。
    7. 当社は(1) 本サービスの一部または全部の中断、遅延、停止により利用者に生じた損失(第三者からの請求に起因した損害を含みます) (2) デジタル版のサービスを通じて取得した情報等の利用により利用者に生じた損失(第三者からの請求に起因した損害を含みます) (3) 第三者が利用者の認証情報を不正使用したことにより利用者に生じた損失 (4) 利用者の不法行為、貯蓄の喪失及び業務の中断により生じた損失や、あらゆる種類の間接的損害、特別損害その他の派生的損害(逸失利益を含みます)について、たとえ事前にその損害の可能性について知らされていた場合であっても、いかなる責任も負いません。
    8. 前項の規定にかかわらず、当社が本規約に定めた義務に違反するなど、当社の不法行為によって利用者に損害が発生した場合、当社は自らの故意または重大な過失によって利用者に現実に生じた通常かつ直接の損害を賠償する責任を負うものとします。この場合、当社が負担すべき賠償額は、当該損害が生じた月に、当該利用者に課金される購読料金相当額を上限とします。
    9. 前項に基づく当社の利用者に対する賠償は、当該利用者に請求する購読料金から当該賠償金額を相殺することにより行うことができるものとします。
  13. 第13条 禁止事項
    1. 利用者は、本サービスに関して、以下の行為を行わないものとします。
      1. (1)本サービスまたはこれに含まれる個別のコンテンツ等を第三者へ提供・再配信する行為
      2. (2)本サービスの正規機能によるものを除き、本サービスまたはこれに含まれる個別のコンテンツ等の複製(閲覧の際に端末上に一時的に発生する電子的蓄積は除く)、編集、加工、翻訳、翻案、出版、転載、頒布、放送、口述、展示、販売、公衆送信(送信可能化、インターネット上のホームページ・イントラネット等への掲載を含む)及び改変をするなど、当社及び第三者の権利を侵害する一切の行為、あるいはこれらを行ったコンテンツ等を第三者へ提供・再配信する行為
      3. (3)利用者の地位及び権利または認証情報を有償・無償を問わず、第三者に譲渡し、承継させ、または貸与する行為
      4. (4)本サービスを、営利を目的として利用する行為、またはその準備を目的とした行為
      5. (5)虚偽の申告・届出を行う行為または詐欺等の犯罪に結びつく行為
      6. (6)他の利用者または第三者になりすまして、本サービスを利用する行為
      7. (7)本サービスの、もしくは本サービスに接続している他のコンピューターシステムまたはネットワークへの不正アクセスを試みる行為、その他本サービスの運営を妨害する行為
      8. (8)本サービスについて、データマイニング、ロボット等によるデータ収集・抽出ツールを使用する行為
      9. (9)本規約において当社が禁止する行為
      10. (10)法令・条例または公序良俗に反する行為
      11. (11)上記各号のほか、合理的な理由に基づき当社が不適当と判断する一切の行為
  14. 第14条 損害賠償
    1. 利用者による本規約への違反その他、利用者の本サービスの利用に起因して、当社が損害を被った場合、当社は、当該利用者に対して、被った損害の賠償を請求することができます。
  15. 第15条 解約
    1. 当社は、利用者が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、利用者への事前の通知または催告をすることなく当該利用者の本サービスの解約をAppleへ申し出ることがあります。Appleが解約した(以下「Appleによる解約」といいます)場合、当該利用者は本サービスの利用ができなくなります。
      1. (1)本規約に違反した場合
      2. (2)本規約に基づく支払債務の履行を遅滞し、または支払いを拒否した場合
      3. (3)過去に当社及び当社の関連会社のサービスの退会処分を受けた場合
      4. (4)利用者の相続人等から利用者が死亡した旨の連絡があった場合または当社が利用者の死亡の事実を確認できた場合
      5. (5)未成年が法定代理人の同意なく、本サービスを利用した場合
      6. (6)成年被後見人、被保佐人または被補助人が、成年後見人、保佐人または補助人等の法定代理人の同意なく、本サービスを利用した場合
      7. (7)反社会的勢力であることが判明した場合
      8. (8)その他合理的な事由により利用者として不適当と当社が判断した場合
    2. Appleによる解約に関する質問・苦情は一切受け付けません。
    3. 利用者が朝日ID会員規約に違反し、または本条第1項各号のいずれかに該当することにより、当社が損害を被った場合、当社はAppleによる解約の有無にかかわらず、当該利用者に対して、被った損害の賠償を請求できるものとします。
    4. 本条の定めに従ったAppleによる解約により、利用者に損害が発生したとしても、当社は一切責任を負いません。
  16. 第16条 本規約の効力
    1. 本規約のいずれかの規定が法令に違反していると判断された場合や無効または実施できないと判断された場合も、当該規定以外の各規定は、いずれも引き続き有効とします。
  17. 第17条 準拠法・合意管轄
    1. 本規約は、日本法を準拠法とします。
    2. 本規約に関し、訴訟の必要が生じた場合には、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
  • ■附則
  • 本規約:2023年3月9日実施
以上