留学前に消してほしかった動画 拡散恐れ、少女は元交際相手を刺した

有料記事きょうも傍聴席にいます。

村上友里

 19歳の少女は、年上の交際相手と一緒に青森から上京した。少女は留学、男性は起業という夢を追いかけていた。しかし、少女は東京で相手を刺し殺した。法廷で声を振り絞って明かした動機は、「ある動画」だった。

 12月6日、東京地裁であった裁判員裁判の初公判。20歳になった被告の女は、肩までの黒髪と上下黒のスーツで法廷に現れた。

 起訴内容は、今年1月9日午後3時20分ごろ、東京都江戸川区のアパートの一室で、元交際相手の男性(当時25)の腹を包丁で1回刺し、殺したという殺人罪だった。

 「(間違いは)ありません」。被告ははっきりした口調で起訴内容を認めた。

好きだったので断れなかった

 検察側の冒頭陳述によると、被告が青森市内の高校3年生だった2020年の夏ごろ、地元のバーの店員だった6歳上の男性と知り合い、交際が始まった。

 優しかったが、気になることがあった。

 青森にいる時から、「性行為…

この記事は有料記事です。残り2967文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

この記事を書いた人
村上友里
国際報道部

難民移民、人権、司法

  • commentatorHeader
    インベカヲリ★
    (写真家・ノンフィクションライター)
    2023年5月6日17時56分 投稿
    【視点】

    あまりにも不運が重なりすぎていて、唖然としてしまった。被告の女性は、中学生のときから何重にも傷つけられる経験をしており、被害妄想が強くなる原因は充分に揃っている。人を信用できず、パニックに陥るのは当たり前の状況といえる。 この先就職し

    …続きを読む
きょうも傍聴席にいます。

きょうも傍聴席にいます。

事件は世相を映します。傍聴席から「今」を見つめます。2017年9月~20年11月に配信された30本を収録した単行本「ひとりぼっちが怖かった」(幻冬舎)が刊行されました。[もっと見る]