GPファイナル初制覇の宇野昌磨 「周りの人たちの喜びがうれしい」

有料記事

構成・坂上武司

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは10日、イタリア・トリノのパラベラ競技場で最終日があり、男子フリーでショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は今季世界最高となる合計304・46点で初優勝した。山本草太(中京大)は274・35点で2位、佐藤駿(明大)は250・16点で4位、三浦佳生(オリエンタルバイオ・目黒日大高)は245・74点で5位だった。

 フリーを終えた宇野と報道陣とのやりとりは以下の通り。

 ――フリーは自己ベストでした。

 「ジャンプは良かったと思います。練習通りできたのかな、と。こっちに来てからのフリーはまとまっていましたし、その通りにできたのかなと思います」

 「トリプルアクセル(3回転…

この記事は有料記事です。残り997文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]