第15回朝日杯将棋オープン戦中継 | 本戦トーナメント:朝日新聞デジタル

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

第15回朝日杯将棋オープン戦

第15回朝日杯将棋オープン戦の準決勝・決勝が2月23日、東京の有楽町朝日ホールで指されます。午前の準決勝で永瀬拓矢王座と稲葉陽八段、佐藤天彦九段と菅井竜也八段が対戦し、勝者同士が午後の決勝戦を戦います。現地の大盤解説会では、羽生善治九段が解説役、矢内理絵子女流五段が聞き手を務めます。

菅井竜也八段が決勝で稲葉陽八段を破り、初優勝を果たしました。

日程

本戦1・2回戦

名古屋対局 1月15日・16日(名古屋国際会議場)

特別協賛:豊田自動織機、豊田通商

協賛:東海東京証券

東京対局 1月25日(東京・将棋会館)

大阪対局 1月28日(大阪・関西将棋会館)

準決勝、決勝

2月23日(東京・有楽町朝日ホール)

協賛:東海東京証券、ローソン

主催 朝日新聞社、日本将棋連盟
特別協力 ABEMA

ライブ中継(大盤解説会)

  • ご利用のブラウザやネットワーク環境によっては正常に表示されないことがあります。

棋譜再生

準決勝に進んだ4棋士

  • 永瀬拓矢王座

    永瀬拓矢王座

    ながせ・たくや 1992年生まれ、横浜市出身。2009年にプロ入り。19年、第4期叡王戦七番勝負で高見泰地叡王をストレートで破り、初のタイトルを獲得。第67期王座戦五番勝負では斎藤慎太郎王座を破り二冠に。21年の第69期王座戦五番勝負で木村一基九段に勝ち3連覇を果たした。朝日杯では19年の13回で準優勝。今大会では、本戦1回戦で阿久津主税八段を、同2回戦で藤井聡太竜王を破って準決勝進出を決めた。安恵照剛八段門下。

  • 佐藤天彦九段

    佐藤天彦九段

    さとう・あまひこ 1988年生まれ、福岡市出身。2006年にプロ入り。08年と11年に新人王戦で優勝。16年には第2期叡王戦、18年に第26期銀河戦優勝。16年、第74期名人戦七番勝負で、羽生善治名人を4勝1敗で破って、初タイトルとなる名人位を獲得。76期まで2期防衛した。今大会では、本戦1回戦で青嶋未来六段、2回戦で糸谷哲郎八段に勝って準決勝進出を決めた。中田功八段門下。

  • 稲葉陽八段

    稲葉陽八段

    いなば・あきら 1988年生まれ、兵庫県出身。2008年にプロ入り。13年に第21期銀河戦で優勝。17年には、A級順位戦を勝ち抜き、第75期名人戦で挑戦者に。21年の第70回NHK杯トーナメントでは、決勝で斎藤慎太郎八段に勝って初優勝。本大会では、本戦1回戦で久保利明九段、2回戦で西田拓也五段を破り、準決勝進出を果たした。井上慶太九段門下。

  • 菅井竜也八段

    菅井竜也八段

    すがい・たつや 1992年生まれ、岡山市出身。2010年、プロデビュー。17年、第58期王位戦七番勝負で、羽生善治王位に勝ち、4勝1敗で初タイトルを獲得。20年には名人挑戦権を争うA級順位戦に昇級、今季で2期目。朝日杯では、12年の6回で準優勝。今大会は、本戦1回戦で渡辺明名人を、同2回戦で豊島将之九段を破って準決勝進出を決めた。井上慶太九段門下。

本戦トーナメント 対戦表

持時間:チェスクロック各40分 切れ1分

本戦1・2回戦

本戦1・2回戦

  • 三浦弘行九段

    糸谷哲朗八段

  • 青嶋未来六段

    佐藤天彦九段

  • 豊島将之九段

    梶浦宏孝七段

  • 菅井竜也八段

    渡辺明名人

  • 藤井聡太竜王

    船江恒平六段

  • 阿久津主税八段

    永瀬拓矢王座

  • 稲葉陽八段

    久保利明九段

  • 飯島栄治八段

    西田拓也五段

対局日程

○:勝ち、●:負け

2022年1月15日(土)[愛知・名古屋国際会議場]

渡辺名人

本戦1回戦終局

菅井竜也八段

梶浦宏孝七段

本戦1回戦終局

豊島将之九段

豊島将之九段

本戦2回戦終局

菅井竜也八段

2022年1月16日(日)[愛知・名古屋国際会議場]

藤井聡太竜王

本戦1回戦終局

船江恒平六段

永瀬拓矢王座

本戦1回戦終局

阿久津主税八段

永瀬拓矢王座

本戦2回戦終局

藤井聡太竜王

2022年1月25日(火)[東京・将棋会館]

糸谷哲郎八段

本戦1回戦終局

三浦弘行九段

青嶋未来六段

本戦1回戦終局

佐藤天彦九段

佐藤天彦九段

本戦2回戦終局

糸谷哲郎八段

2022年1月28日(金)[大阪・関西将棋会館]

久保利明九段

本戦1回戦終局

稲葉八段

西田拓也五段

本戦1回戦終局

飯島栄治八段

西田拓也五段

本戦2回戦終局

稲葉八段

2022年2月23日(水・祝)[東京・有楽町朝日ホール]

永瀬拓矢王座

準決勝終局

稲葉八段

菅井竜也八段

準決勝終局

佐藤天彦九段

菅井竜也八段

決勝終局

稲葉八段

  • 日程は随時更新します。

朝日杯将棋オープン戦 歴代の優勝者

年度 優勝者 対戦相手 棋譜
152021菅井竜也八段稲葉八段
142020藤井聡太二冠三浦弘行九段
132019千田翔太七段永瀬拓矢二冠
122018藤井聡太七段渡辺棋王
112017藤井聡太五段広瀬章人八段-
102016八代五段村山慈明七段-
92015羽生善治名人森内俊之九段-
82014羽生善治名人渡辺二冠-
72013羽生善治三冠渡辺二冠-
62012渡辺竜王菅井竜也五段-
52011羽生善治二冠広瀬章人七段-
42010木村一基八段羽生善治名人-
32009羽生善治名人久保利明棋王-
22008阿久津主税六段久保利明八段-
12007行方尚史八段丸山忠久九段-

特集コンテンツ