(いま聞く)安東量子さん 作家・NPO法人福島ダイアログ理事長 新しい福島の姿、課題は

有料記事

 ■原発事故の収束作業や将来像について対話を/住民が主導権もてるかが鍵

 東日本大震災前から福島県いわき市に住み、震災後は住民と放射性物質の測定活動などを手がけるNPO法人理事長で作家の安東量子さん(46)。東京電力福島第一原発の処理水は来春の海洋放出に向けた工事が進む。いまの課題は何ですか?(大…

この記事は有料記事です。残り2601文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!