アイスランド首都近郊、800年ぶりに火山噴火

 アイスランドの首都レイキャビク近郊で19日夜、火山が噴火した。同国気象庁によると、この地での噴火は約800年ぶり。付近ではこの1カ月ほどで約4万回の地震が起きており、予兆として警戒されていた。

 噴火したのはレイキャビクの南西約30キロに位置する半島にある山。500~700メートルの亀裂に沿って噴火活動がみられるという。同国では2010年に南部の別の火山が噴火し、火山灰の影響で欧州の空の便が大混乱に陥った。今回はその規模の噴火ではないとみられている。(ロンドン=和気真也)