希少な魚よりアイデアで 持続可能な海へ、動き出したシェフらの思い

有料記事多事奏論

長沢美津子

記者コラム「多事奏論」くらし報道部記者・長沢美津子

 昼下がりの東京・霞が関に、ピシッとのりのきいた白衣やコックコートの一団の姿があった。一線で活躍するシェフたちが、国に「提言書」を届けにきた。

 チームの名は「Chefs for the Blue」。料理のジャンルもさまざまな東京と京都の約40人が、持続可能な海のための啓発活動をしている。水産庁長官に訴えたのは、料理したくても「魚が手に入らない!」。ヒリヒリするほど肌で感じる資源の危機だった。

 メンバーは、いま動かなければという問題意識から集まっている。市場に並ぶ魚が、全体に小さくなった。質に満足いかない日が増え、価格は高騰。漁獲量はあれも、これも、右肩下がりである。

 四季折々、多様な魚を扱うことを、世界の料理人がうらやむ。日本で料理をする大きな強みだ。産地を訪ねれば、浜を守りながら漁を続けていこうとする漁業者に出会い、刺激を受ける。

 提言の1番目に、魚の資源調査と評価、管理体制を強化して、人も予算も拡充すると書いた。見えない海のなかを見えるように、科学の力を使ってほしい。

 対象は水揚げの多い魚種に限らず、地域に根づいた魚を加えること。その地の生態系も、漁の技術を含めた魚の文化も、一度失うと取り戻すのは難しい。

 魚が減る理由は、乱獲、気候…

この記事は有料記事です。残り856文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

  • commentatorHeader
    小松理虔
    (地域活動家)
    2024年6月25日11時31分 投稿
    【視点】

    漁業・水産業の当事者とはだれなのか、ということを考えさせられました。一見、当事者の中心からは外れているように見える。けれど、さまざまな関わりを通じて、自分の中にもあった当事者性に気づき、学び、変化していく人たちがいます。私も、そういう人たち

    …続きを読む