「塀の向こうの表現」 受刑者から届いた絵画や川柳、135点を展示

有料記事

島崎周

 塀で隔てられた内と外を「作品」でつなぎ、対話を生み出したい――。そんな思いから、各地の刑務所に服役する受刑者の作品を展示する「刑務所アート展」が、東京都内で開かれている。詩や短歌、俳句、絵画、マンガ、書、小説など……全135点が並んだ。

 「こんにちは はじめましての 満期いつ?」

 「見て分かる 靴下焼けで 受刑歴」

展示は3月30日まで開かれており、作品は主催団体のホームページでも見ることができます。

 「終戦と 牛肉メニュー 願…

この記事は有料記事です。残り1811文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません