メイクもジェンダーレス時代 男性も「自分らしさ」かなえるツールに

有料記事

伊藤舞虹

 メイクをたしなむ男性が増え、名古屋でも百貨店の売り場拡大や専門店設置の動きが相次ぐ。市場を牽引(けんいん)するのは従来のジェンダー規範に縛られない若者世代だ。「男らしさ」から「自分らしさ」の時代へ。ジェンダーレスの流れがコスメの世界にも波及している。

 「眉頭を顔の中心に少し近づけるように描くと、りりしい印象になりますよ」

 18日、JR名古屋高島屋のメンズコスメ売り場。スタッフが男性客に声をかけながらメイクを施した。

目の下のクマ、気になりだして…

 名古屋市内から訪れた加藤大智さん(39)には初めてのメイク体験だった。「何もつけていないような自然な仕上がりなのに、顔立ちがはっきりと見えるようになって驚きました」

 鏡に映った自分の顔を見て…

この記事は有料記事です。残り1457文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]