ベンチャーで働く80歳エンジニア「老害」逃れる秘けつ

篠健一郎

 ITベンチャー企業の最前線で開発を担う、80歳の現役エンジニアがいる。同僚の多くは20代、30代の孫世代だ。創業まもない新興企業に入って6年半あまり。どんな業務を担い、若い社員とはどのように付き合ってきたのか。

 ITベンチャーのフォトシンス(東京)に勤める深谷弘一さん。東京都出身で、生まれは太平洋戦争が始まった1941年。大学卒業後にNECに入り、定年まで勤めた。

 フォトシンスは、既存のドアに後付けができて、スマホや交通系ICカードで開け閉めができる法人向けのスマートロックを手掛ける。深谷さんはその機器を製造する非常勤のハードウェアエンジニアだ。

 開発部の一員として、電子回路の不具合を直したり、コンピューターでシミュレーションをしながら効率的な回路を考えたりしている。これまでは開発業務へのアドバイスがメインだったが、昨夏からは現場の仕事も担うようになり、実際に手も動かしている。

 NECでの専門も電子回路だった。テレビ関連の技術開発や製品化を担い、集積回路設計部門では部門長も務めた。退職後はマレーシアで10年間、主に現地の新卒技術者に対して技術指導をしていた。

「0.5人でいいから加えて」

 フォトシンスとの出会いは7年前の2014年、73歳のとき。「マレーシアでずっと仕事を続けていたので、少し疲れたなと思って休んでいたんです。ただ、急に何もしなくなると精神的にどこか不安定になりまして(笑)」

 そんなときにシニア向けの人材仲介サイトで、創業直後のフォトシンスを知った。スマホで鍵を開け閉めするという発想が、しばらく現場を離れていた技術者の心をくすぐった。「誰もやったことがなさそうだ。取り組む価値がある」と応募。呼ばれた場所は東京・五反田のマンションの2LDKの一室。創業時のオフィスだった。

孫世代の同僚とスタートップ企業で働く深谷さん。意思疎通や「引き際」で心がけていることは。NEC時代に職場で陥った悪循環と、悩んだ末たどり着いた答えがいまに生きているそうです。

 製品を作るのに欠かせない回路設計での豊富な経験を買われ、技術アドバイザーとしての参加を求められた。製品の将来性に加え、メンバーの和気あいあいかつ真剣に取り組む姿勢にひかれ、その場で言った。「0.5(人)でいいですから、私も加えてください」。社員6人、全員が20代だったベンチャー企業に飛び込んだ。

 河瀬航大社長(32)が当時をこう振り返る。「(深谷さんは)『技術がある日本のものづくりを大きくし、グローバルで勝つという気持ちで取り組んできたが、最近はアップルなどの米国製品や中国製品に負けてしまっている』と話していた。若者がそこにチャレンジするならDNAを入れ込んでやる、と。経験が豊かで、日本のものづくりのDNAを持つ人が社内にいるのはすごくパワフルだなと思い、一緒に働かせてもらいたいと思いました」

 フォトシンスの社員はいま約150人、平均年齢は34歳だ。大企業よりも開発サイクルは速く、意思決定も迅速。そうしたスピード感についていっているのか。

 「NECにいたときから何かあれば24時間いつでも対応するという意識はあり、スピード感は大事にしていました」。元来の新しいもの好き。スマホは最上位機種を買う。「時間があればだいたいパソコンの前にいますね。何もせずにボーッとしていることができなくて」と笑い、仕事に関連する技術のアップデートはもちろん、暗号資産やクラウドファンディングなど、気になったものは何でも手を出してきた。

「なぜわからない」後輩責めた末に

 だが、自分の祖父母世代を想像すると、開発現場の最前線で孫世代と一緒に働くという80歳への疑問は尽きない。社員間のチャットツールは使いこなせているのか。同僚と話題が合わずに戸惑ったことはないのか。「失礼ですが……」と前置きをして尋ねると「はっはっはっはっ」と笑いながら答えた。

 「コミュニケーションで困った記憶は全然と言っていいぐらい感じていません。その分周りの方々に気を使っていただいているのかもしれませんね。マレーシアで長く若い人と付き合っていたからか、若い人と話すことに抵抗感がないんですね」

 当時から心がけているのは、年齢や職位に関係なく相手を「さん」付けで呼ぶことだという。なぜか。「例えば相手が年下の男性の場合に、年齢差を考えると、どうしても『君』となりがちですよね。それが『さん』付けで呼び慣れると、年齢差や組織の上下関係をあまり意識せずに話せるようになる。それがコミュニケーションを良くする上で何らか役に立っているのではないかと思います」

 穏やかな語り口の深谷さんからは想像がつかないが、NEC時代は理解不足の後輩にいらだち、「なぜわからないんだ」などときつい言葉を向けたこともたびたびあったという。「どうしてもそうなると相手の弱みにまで入り込んでいっちゃうんですよね。そうなると最悪で、ますますコミュニケーションを悪くしてしまう」

 マレーシアでも同じ壁にぶち当たった。新卒技術者に対して「なぜわからないんだ」と責めた。だが、責めても相手の理解が進むことはなかった。どう教えればよいのかと悩みに悩んだ末にたどり着いた答えは「自分も未熟だ」ということだった。

 「私が当たり前だと思っていても、彼らにはそうではないことがある。そこを責めるのではなくて、知らない前提で補う。教える側の私の知識も常に100%完璧ではないですから。自分の知識や経験不足が原因で、相手に説明がうまく伝わらないこともある。そう感じたときは家に帰ってからその部分を勉強して、どのように伝えれば理解を深めてもらえるかなと振り返っていました」

 「技術もそうなんですけどね。これはこういう理屈でこうなる、と思い込んで無理やり現象と理屈を合わせてしまうとろくな結果にならない。何をやるにも思い込んでしまったほうが楽なんですが、楽ではないほうにも視点を少し向けてみる、ということが必要なんでしょうね」

いつまで現役でいるか

 驚いたことにほかにも2社の技術アドバイザーをしているという深谷さん。納期が近いなど、繁忙期は土日をいとわず働くこともあるが、その「引き際」については明確な考えを持っていた。

 一つの目安に考えているのは、75歳以上のドライバーが運転免許証を更新する際に受ける、記憶力や判断力を測定する認知機能検査の結果だ。「ボケた状態で勤めているのは周りにも迷惑がかかるので、それは避けたい。それこそ『老害』になりますから。ただ自分では気づかないこともあり得るので、周りの人には遠慮無く言ってくださいと伝えています」

 「80年間生きてきて、貴重な経験をたくさんさせてもらいました。ここで何もしないという選択をすると、それを全部捨ててしまうことになる。それを必要としている人もおそらくいるだろう、と。そういう人たちの知識や経験を『害』として扱ってしまったら宝の持ち腐れだと、そんな生意気なことを考えまして。後輩やいろんなことにチャレンジしている人たちに活用してもらえるとうれしいなといいますか、生きた価値があるな、と。ちょっとカッコをつけて言うと、そんなところになるんですかね」

 目を細めながらそう語る熟練エンジニアは、孫娘と同じ年齢のベンチャー企業のさらなる成長を誰よりも強く願っている。篠健一郎