メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月12日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

フォトギャラリー 天皇陛下の恩師会員登録が必要です

 今回の皇室とっておきフォトギャラリーは、皇太子時代の天皇陛下に、日本国憲法における象徴の在り方など帝王学を伝えた、経済学者の元慶応義塾塾長も務めた小泉信三氏と、学習院中等科と高等科時代に英語の家庭教師を務めた米国の児童文学作家エリザベス・グレイ・バイニング氏と両陛下の交わりを紹介します。

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

朝日写真フォトアーカイブ

購入・利用については「朝日新聞フォトアーカイブ」へ
(おわけできない写真もあります)

  • 左は1936年4月、米国のハーバード大学創立300年記念祭に招かれ、抱負を語る小泉信三慶応大学塾長。経済学者でテニスの選手としても活躍したスポーツマンだった。戦後は皇太子時代の天皇陛下に東宮御教育参与

  • 1946年4月、学習院中等科に進学した皇太子さまが都心を離れ東京都北多摩郡小金井町(現・小金井市の小金井公園)で過ごされた教室の建物、御仮寓所(ごかぐうしょ)はこの右側にあった。当時の宮中には、将来天

  • 10月、学習院中等科で皇太子さまの授業を参観するバイニング夫人。夫人が滞日経験を書いて、米国をはじめ世界でベストセラーになった「皇太子の窓」によると、生徒たちへのあいさつで「日本がその苦難と敗北との中

  • 1950年6月、東京・日本橋三越で開かれた青年たちによる青少年の不良化防止と保護、善導を目的とするBBS(お兄さんお姉さん)活動の一環として開かれた、「米英加日美術展」をバイニング夫人と共に鑑賞される

  • 12月、家庭教師としての仕事を終え、アメリカへ帰国するバイニング夫人が乗りこんだ横浜港に停泊するデンマーク船籍の貨物船ピーター・メールスク号を訪ね、お別れの握手をされる皇太子さまと義宮さま。この場を取

  • 昭和天皇の名代として、英女王戴冠式への出発を翌月に控えた1953年2月、民主主義を学ぶため、東宮御教育参与の小泉信三氏とともに国会を訪問、参院本会議場を皇族席から見学される皇太子さま

  • 5月、英国のエリザベス女王戴冠式出席の旅で英国を訪れ、ウィンザー城で衛兵を閲兵される皇太子さま。右後方は小泉信三氏と夫人のとみさん(和服姿)。皇太子さまは、3月30日に横浜を船で出発してハワイ経由で太

  • 9月、英女王戴冠式の帰路、米国・フィラデルフィアの飛行場で再会したバイニング夫人と車で夫人の自宅に向かわれる皇太子さま。右は吉田茂首相の秘書官で通訳の松井明随員

  • フィラデルフィアにあるバイニング夫人の自宅(左側)から、車で市内見学へ向かわれる皇太子さま。夫人の著書「天皇とわたし」によると、2泊3日を同夫人宅で過ごした際、皇太子さまは、訪問先の印象やエリザベス女

  • 故フランクリン・ルーズベルト大統領のエレノア夫人の案内で、ルーズベルト邸や大統領の墓などがあるニューヨーク州のハイドパークを訪れた皇太子さま。左後方は同行したバイニング夫人

  • 1958年12月、ご婚約が決まった後、東京ローンテニスクラブで、ダブルスでテニスをされる皇太子さまと正田美智子さん。皇太子さまは婚約内定を受け「語らひを重ねゆきつつ気がつきぬわれのこころに開きたる窓」

  • 1959年1月から皇太子妃教育が始まった。その教育を受けるため、東京・三番町の宮内庁分室に向かう正田美智子さん、左は小泉信三氏。小泉氏は1945年5月25日に米軍機による空襲で、東京都芝区三田綱町(現

  • 4月6日、皇太子さまとのご結婚を前に東京都港区の小泉信三氏の自宅玄関でバイニング夫人と初めて対面、握手する正田美智子さん。小泉邸内で、皇太子さまのこと、十二単着用稽古のこと、英文学のことなど絶え間なく

  • 1959年4月10日、結婚の儀を終え、皇居から馬車で渋谷区の東宮仮御所までパレードされる皇太子さまと美智子さまを乗せた馬車。皇居前広場を埋め尽くす国民から祝福を受けた

  • 皇太子さまと美智子さまが結婚され、記者会見するバイニング夫人と小泉信三氏。夫人は結婚式に招待されたただ1人の外国人だった。夫人は1933年に夫のモーガンを自動車事故で失っており、皇太子さまの教育を通じ

  • 1959年11月、文化勲章を受章し皇居で記念撮影する(前列左から)慶大名誉教授で経済学の小泉信三氏、日本画家の川端龍子氏、小説家の里見とん氏、(後列左から)日本科学技術情報センター理事長で電気工学の東

  • 1960年10月、結婚後初めての海外公務となった米国訪問から帰国、東京・羽田空港で日航特別機のタラップから手を振って応えられる皇太子さまと美智子さま。左上は随員の小泉信三氏

  • 1966年5月11日、夫人に看取られ亡くなった小泉信三氏の東京都港区の自宅を弔問された皇太子さまと美智子さま。皇太子さまは御歌で「霊前にしばしの時を座り居れば耳に浮かびぬありし日の声」とお気持ちを詠ま

  • 1987年10月8日、米国を訪問の際、ニューヨークの日本総領事公邸でバイニング夫人と再会、歓談される皇太子さまと美智子さま。今回は1980年と1983年の大統領訪問の答礼と日米の親善を深めるための旅だ

  • 1996年3月、東京都小金井市の小金井公園にある江戸東京たてもの園を訪れ、学習院中等科時代に暮らした小金井御仮寓所(1949年に焼失)があった碑の前で、皇后さまに身ぶりをまじえ説明される天皇陛下

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】宇賀なつみ流、旅の楽しみ方

    フリーを決意させた、南仏の旅

  • 写真

    【&TRAVEL】1年半ぶりに直行便が復活

    2泊3日でサイパンへ〈PR〉

  • 写真

    【&M】タクシーの中で弾き語り

    藤原さくら 米留学での経験

  • 写真

    【&w】伝説の三つ星レストランより

    家庭料理の秘密本をプレゼント

  • 写真

    好書好日愛しているのにアレだけが…

    「夫のHがイヤだった。」対談

  • 写真

    論座小沢一郎「もう一回舞台を」

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンデビュー20周年を目前に

    俳優・田中 圭の舞台は続く。

  • 写真

    T JAPAN3人の馬術師の肖像

    人馬一体、道を究める

  • 写真

    GLOBE+通貨(お金)とは何か─

    通貨の覇権を制するのはだれか

  • 写真

    sippoヤマト運輸のキャラ刷新へ

    親子のクロネコのロゴは?

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ