じっくり読みたい記事も、気になる最新ニュースも

知りたいニュースが ここにある

デジタルコース
月額3,800円(税込み)

申し込む

※初回申し込みのみ1カ月間無料

情報を見つけるのは、むずかしくない。
でも、その情報は本当に正しいのか。確かな裏づけはあるのか。

朝日新聞デジタルは正確な情報を伝える、だけではない。情報の裏にある「ストーリー」を伝えるために、さまざま視点で見て、聞いて、考えて、言葉にする。

「ストーリー」は自分の視野を広げる。
視野が広がれば、いろいろなことが見えてくる。興味をもち、だれかに思いを巡らせる。

そうすれば、あしたはきっと豊かになる。

デジタルコースを選ぶべき 3つのポイント

深掘り記事はじっくり堪能、
最新ニュースはリアルタイムで

ニュースの背景がわかる深掘り記事は、経済、医療、国際情勢、社会問題など様々なジャンルを掘り下げます。また、最新ニュースや料理レシピなどバリエーションに富んだコンテンツがあなたの日常を豊かにします。

読みたいものがここにある
いつでもどこでもスマホで読める

国内外の取材現場から届くニュースを毎日約500本配信。一つの話題に対し、徹底的な取材で事実を報道するのはもちろん、さまざまな視点に立ち、多くの「声」を記事にしています。そうして形になった記事が毎日、確実に、あなたのスマホやPCに届きます。

  • さまざまな視点から

  • 多くの「声」を

  • 徹底した取材で

毎日約500本のニュースを配信

読み放題だけじゃない
便利な機能が満載

  • 紙面ビューアー

    画面ビューアー
    新聞紙面と同じレイアウトで読める

    朝刊・夕刊が紙面と同じレイアウトでPCやスマホからお読みいただけます。写真や図表の拡大も可能です。

  • スクラップブック

    スクラップブック
    気になる記事を保存して、後で読む

    PC・アプリからあとで読みたい記事や気になる記事をスクラップして、最大5000件まで保存することが可能です。通常1年間の記事閲覧期限を過ぎても保存できます。

  • ID共有

    ID共有
    1つのIDを家族4人まで共有可能

    例えば、お父さんは通勤電車でスマートフォンで、お母さんは家でタブレットで、子供はパソコンでなど同時に見ることが可能です。

  • 記事検索

    記事検索
    読みたい記事がすぐに見つかる

    新聞本紙に掲載された過去1年間分の記事を検索可能です。検索・閲覧は、東京・名古屋・大阪・西部(九州)の各本社版、地域面(北海道の一部 地域と沖縄除く)記事です。

  • メールサービス

    メールサービス
    豊富なジャンルから選べるメルマガ

    速報メールでは大きなニュースの発生をお知らせします。ニュースレターでは速報から毎日のニュース、ジャンル毎のニュースなどを用意しています。専用アプリからもニュースレターの設定が可能です。

  • MYキーワード

    MYキーワード
    キーワード登録で関連記事を自動収集

    気になるキーワードを登録すると、記事の「見出し」と「本文」からキーワードを含む記事を検索し、自動収集できます。MYキーワードは最大8セットまで登録可能。

朝デジの全機能が使える デジタルコース月額 3,800(税込み)

デジタルコース会員なら

  • すべての記事が読み放題
  • メルマガや専用アプリで効率よくニュースが読める
  • スクラップや紙面ビューアーなど全機能が使い放題
申し込む
  • ※初回のお申し込みに限り、お申し込み日から1カ月間は無料でご利用いただけます。

デジタルコース会員なら

  • すべての記事が読み放題
  • メルマガや専用アプリで効率よくニュースが読める
  • スクラップや紙面ビューアーなど全機能が使い放題

月300本記事が読めるシンプルコース

詳しくはこちら その他のコースはこちら

よくあるご質問

Q&A
  • 無料期間はありますか

    初回のお申し込みに限り、お申し込み日から1カ月間は無料でご利用いただけます。
    例)9月15日に申し込んだ場合:
    無料期間は10月14日までとなります。 決済日は毎月15日となります。

  • 無料期間中に解約した場合、料金は発生しますか。

    ※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。無料期間は初回申し込みに限ります。

  • 支払い方法について教えてください

    「クレジットカード」「Amazonアカウントでお支払い」「auかんたん決済/au WALLET」「ドコモ払い」をご利用いただけます。

  • 金鍵有料会員記事、銀鍵会員記事の違いは何ですか?

    有料会員は金鍵銀鍵どちらの会員記事もお読みいただけます。
    無料会員は(銀鍵マーク)会員記事のみ、月に5本までお読みいただけます。
    マークがついていない記事はどなたでもお読みいただけます。

  • シンプルコースとデジタルコースの違いを教えてください

    シンプルコースは月額980円で2種類の会員記事が利用期間中300本まで読めるコースです。デジタルコースはすべての記事が読み放題のほか、機能もお使いいただけ、さらに関連サイトの閲覧もできるスタンダードなコースです。

デジタルコース 月額3,800円(税込み)

申し込む