朝日新聞社ではソフトウェアエンジニア、PMなどの中途採用を実施中です

朝日新聞社では、ソフトウェアエンジニア、プロダクトマネージャー(PM)、データサイエンティスト、新規事業開発リーダーなど複数の職種で中途採用を実施中です。月間約2億PVの本サイト「朝日新聞デジタル」をはじめとする様々なWebサービスで、より良質な情報をユーザーに届ける仲間を業界問わず広く募集しております。

各部門での募集中のポジションと詳細については朝日新聞 Recruit Siteでご確認ください。

「朝日新聞デジタル」では、ユーザー体験の向上をより高速で実現するため、2年前にサービスの開発内製化へと舵を切りました。現在はiOS/Androidアプリ、Webフロントのモダン化開発をはじめ社内のスクラムチームが担っています。今後は社内の大量のテキストや画像データを活用して、機械学習の強化にもより力を入れていきます。

朝日新聞社で働くエンジニアや職場の様子について、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

朝日新聞社の開発内製化はなぜ進んだ?10年後を見据えたエンジニアと組織の成長戦略

また、1月に朝日新聞社がレバテック社主催のウェビナーに登壇し、「朝日新聞デジタル」のDX推進と開発内製化の取り組みについてご紹介いたします。詳細と応募方法は以下サイトをご確認ください。

Successful Digital Transformation Study 2022~テクノロジーの手触り感を掴む一歩を踏み出そう~

日時:2022年1月24日 18:30~

みなさまのご応募を、心よりお待ちしております。