「素」こぼれる、異色ドラマ 「がんばれ!TEAM NACS」 WOWOW

 演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバー5人が出演する「がんばれ!TEAM NACS」がWOWOWで放送中だ。「ドラマ」と銘打っているものの、ドキュメンタリーやバラエティーの要素も盛り込まれた、異色の内容となっている。

 20日に放送された第1話は、森崎博之戸次重幸大泉洋が変身ヒーローに扮し、安田顕演じる怪人「バフン男」らと相対するシーンから始まる。監督を務める音尾琢真からはむちゃぶりが飛び出し……。そんなドラマ部分に、「この企画がまずよく通ったな」(大泉)、「どうして音尾に任すことになったのか」(戸次)といったぼやきなど、ドキュメンタリー調のインタビュー部分も挟みながら、物語は進行していく。

 堀切園健太郎監督(NHKエンタープライズ)は、NHKの大河ドラマ「篤姫」や映画化もされた「外事警察」などを手がけてきた。今作について「完全に、今まで見たことのないような感じ。不思議な番組」と笑う。「フィクションの中で、はみ出ていく物の面白さを出せないかと思って今みたいな形になっている」。前面に出すぎないように気をつけているというが、作品中にはメンバーの「素」が出ることも。「安田さんが面白いことを言うとみんな笑ってしまう。そこの生々しさはあえて残している」

 全9話。WOWOWプライムとWOWOW4Kで毎週日曜夜11時に、最新話が放送される。第1話は、WOWOWのサイトなどで無料配信中。(黒田健朗)