「日本の問題として議論を」 神宮外苑再開発、与野党国会議員が視察

有料記事

土舘聡一 藤原慎一

 明治神宮外苑地区で工事が始まった再開発事業の対象地域を、衆院環境委員会の委員らが5日、視察した。多数の樹木伐採による環境破壊を懸念する声が上がっているため、緑地や生態系の保全の取り組みについて三井不動産ら事業者から説明を受けた。

 視察したのは、同委委員長の古賀篤氏(自民)のほか、自民、立憲、維新の委員ら。作業が始まっている神宮第二球場の解体工事現場や、外苑の代表的景観として知られるイチョウ並木などを見た。

 視察は自民の同委理事が野党理事に持ちかけたという。理事の務台俊介氏(自民)は視察後、取材に「神宮外苑の歴史ある豊かな自然に本当に影響がないのか、日本の問題として国会でも議論をしていきたい」と話した。

 国会内では、昨年11月に「…

この記事は有料記事です。残り402文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません