宇野昌磨の柔らかい優しさ 「スポーツは互いが支え合っていくもの」

有料記事

坂上武司

 思わぬトラブルに巻き込まれた時、その人の本質が垣間見えるような気がする。そのトラブルが自分ではなく、誰か他の人に起こった場合なら、なおさらだろう。

 29日、スケートカナダ(ミシサガ)の男子フリーの6分間練習の出来事だ。

 ショートプログラム(SP)首位に立っていた三浦佳生(オリエンタルバイオ・目黒日大高)を、まさかのアクシデントが襲った。三浦が4回転トーループを跳んで着氷した後、右足の靴ひもが切れてしまったのだ。

 「初めての経験。あれ、どうすればいいの?と。焦りました」と三浦は振り返る。

 あわてる三浦と佐藤紀子コーチ。そんな2人に真っ先に声をかけたのが、同じグループで練習していたSP2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)だった。

 「先輩だからとか、そういうのではなく、人は普通困っていたら助けると思います」

 宇野はその時のことを何事もなく振り返った。

 「佳生くんの靴を見ると、エ…

この記事は有料記事です。残り590文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    江川紹子
    (ジャーナリスト・神奈川大学特任教授)
    2022年11月5日21時47分 投稿
    【視点】

     「人は普通困っていたら助けると思います」とさらっと言う宇野昌磨選手が素敵だし、その様子をしっかり見て、話も聞いて記事にした記者の仕事ぶりも素晴らしい。  「お互いがベストを尽くせるようにみんなで支え合っていくものだと思います」という言葉

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]