• アピタル

「自分は大丈夫」間違っていた 毎週飲んでいた男性、感染後の悔い

新型コロナウイルス

五十嵐聖士郎
[PR]

 新型コロナウイルスの影響で、酒を出す飲食店への休業要請が続いている。長引く「禁酒令」にしびれを切らし応じない店や客も後を絶たないが、そうした店での飲酒や会食で感染が広がる事例が少なくない。感染した人たちは「自分は大丈夫と考えない方がいい」と後悔の念を口にする。(五十嵐聖士郎)

 「自業自得と思い、自宅で高熱に耐えていたが、体が限界だった」。大阪・北新地で飲んだ2日後に発熱し、感染がわかって入院した大阪市の会社経営の男性(47)は、そう振り返る。

 知人3人とラウンジを訪れたのは8月初旬。府内では、緊急事態宣言を受けて酒を出す飲食店に休業が要請されていた。

 しかし、男性はいつもと変わらず接待などで毎週のように飲んでいた。感染を防げると評判だった点鼻スプレーを使うなど、自分なりに対策をしていたつもりだった。妻に「ほどほどにしないとうつるで」と諭されても、自分は感染しないとたかをくくっていた。

 訪れたラウンジには飛沫(ひまつ)を防ぐアクリル板などはなく、飲み物をかき混ぜるマドラーはテーブルに1本だけ。接客の女性とは互いにマスクなしで会話した。ほかにも数組の客がいた。

 違和感を感じたのは2日後。せきが出始め、体が熱っぽい。夏風邪か熱中症か。そう思った次の日には、38度の高熱に見舞われた。全身が痛み、寒気で布団にくるまった。接客した女性に連絡すると、コロナに感染して休んでいた同僚がいたと打ち明けられた。

 医療関係の知人に解熱薬をもらって服用したが、日ごとに熱は上がった。発熱から4日後、意識はもうろうとし呼吸もつらい。口にしていたバナナとゆで卵ものどを通らなくなった。体温は40度近く。備えていた血中酸素飽和度を測る「パルスオキシメーター」の数値は正常値を大幅に下回った。ただただ、不安が募った。「病院に行かんかったら、死んでしまう」

 病院のPCR検査は陰性だったが、そんなはずはないと翌日改めて受けると陽性が判明。ようやく入院できると保健所に訴えたが、空きがないと断られた。

 入院できたのは、発熱から8日後。点滴を受けて体が楽になった。1週間後に退院したが、それから2週間たっても空せきが消えず、息苦しさが残る。

 「こんな苦しいとは思わなかった。飲みに行く人がいるから、店も営業する。これを機に飲みに行くのはやめる。『自分は大丈夫』なんて安易に考えるのは間違っていた」

 男性と酒を共にした3人のうち2人が感染。うちワクチンを2回接種していた知人は無症状で、その知人から周囲に感染が広がったと聞いた。

「家族で気をつけても、ひとり守らなかったら…」

 「息抜きも大事やと思う。でもいっときの楽しみのために、一生後悔することもあるでと言いたい」

 兵庫県内の女性(38)が頭痛や吐き気に襲われたのは7月末。夫が熱を出した数日後だった。夫は発熱の5日前、友人と居酒屋で長時間飲んでいた。居合わせた人の間で感染が広がった。女性は夫からの感染が疑われ、検査の結果、陽性がわかった。

 女性には、コロナ感染で亡くなった親族がいた。子どもは幼稚園児と小学生。ふだんから感染に注意し、夫には「家族が気をつけていても、ひとり守らなかったら意味がない」と忠告していた。しかし、病気と無縁の夫は「俺は大丈夫。居酒屋も常連しか来ない」。仕事の息抜きも必要かと、強くは言ってこなかった。

 当時、県内の感染者は増加の兆しを見せていた。女性が住む阪神地域の飲食店は、午後8時半までの時短営業を要請されていたが、夫は深夜まで店にいた。

 女性は発症後、味覚や嗅覚(きゅうかく)がなくなった。チョコレートは、のどに泥が張り付いたように感じた。目をつぶると全身の感覚がなくなっていくようで、「このまま死ぬんちゃうか」と不安になった。38度の熱が出たが、パルスオキシメーターの値が正常範囲内だったためか、軽症と告げられた。

 子どもがいる自宅での療養中は、マスクを二重につけ、ビニール手袋をはめて料理や洗濯をこなした。触れたところはすべてアルコール消毒した。家にあった解熱鎮痛薬を服用したが体がつらく、泣きながら家事をした。「飲むのも食べるのも面倒で、トイレに一度も行っていない日があった。脱水症状になりかけていた」

 子どもたちが一緒に寝たいと泣いても、応えるわけにいかなかった。しばらくの間、子どもだけで食事をし風呂に入ってもらった。「かわいそうな思いをさせた。夏休みで、学校を休ませずに済んだのがせめてもの救い」と女性は言う。

 痛みが消えるまで8日かかった。「元気になったからよかったものの、最悪の事態になっていたら夫は立ち直れなかったはず。もっと強く止めておけばよかった」と振り返る。いまも女性は嗅覚が完全に戻らず、夫は空せきをしている。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]