立てこもり事件、1日経っても説得続く 軽食は受け取る

 さいたま市大宮区のインターネットカフェで男が20代の女性従業員を人質にして立てこもっていた事件で、埼玉県警は事件発生からおよそ33時間後の18日午後10時半すぎ、男の身柄を確保し監禁の疑いで現行犯逮捕した。人質の女性も保護した。県警への取材でわかった。

 県警は、言動などから男が何らかの凶器を所持しているとみて、女性を解放するよう慎重に説得を続けていた。県警は18日昼前には2人分の飲料水と軽食を差し入れし、男は受け取っていた。立てこもる間、男から金銭などの要求はなかった。

 捜査関係者によると、捜査員は店内のインターホンを使って男らとやりとりしていた。県警は18日午後の時点で女性の無事は確認できていると説明。捜査員の質問に対して女性は「はい」「いいえ」など単語のみで応じていた。

 現場は大宮駅西口から約200メートルの、大通りに面した雑居ビル内。県警は17日午後から周囲の道路を交通規制していた。ビル周辺の歩道には規制線が張られ、ビルへの立ち入りはできなくなっていた。

 捜査関係者によると、男は40代くらい。ビル7階の鍵付きの個室ブース(広さ約3平方メートル)に立てこもっていた。窓がなく防音構造になっており、室内の様子が確認できるカメラはついていない。冷房は利いていたという。個室にトイレはついておらず、事件発生以降、男も女性もトイレには行っていなかったという。

 県警によると、男は17日午前10時ごろに1人で入店。同日午後2時過ぎに女性従業員が男の個室を訪れたが戻らなかったため、午後4時過ぎに別の従業員が「女性従業員が客に呼ばれてブースに入って、それから応答がない」と110番通報した。この前後、店側はマスターキーを使って個室の扉を開けようとしたが、何らかの理由で開けられなかったという。