藤井聡太王位への挑戦決定 豊島将之竜王の2年前の言葉

村瀬信也

 将棋の藤井聡太王位(18)=棋聖と合わせ二冠=の防衛戦の相手が、豊島将之竜王(31)=叡王と合わせ二冠=に決まった。これまでの公式戦の対戦は、豊島が6勝1敗と大きく勝ち越している。しかし、豊島にとって、一回り年下で成長著しい藤井は脅威と言える存在だ。忘れられない2年前の豊島の言葉がある。

 大阪市福島区関西将棋会館で24日に行われた、第62期王位戦(新聞三社連合主催)の挑戦者決定戦。豊島は羽生善治九段(50)を破って、藤井への挑戦権を獲得した。3期ぶりの王位獲得を目指す豊島は対局後、「大変な相手ですけど、精いっぱい指していい勝負ができたら」と語った。藤井は、渡辺明名人(37)=棋王、王将と合わせ三冠=と戦う第92期棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)の開幕を6月6日に控えており、ダブルタイトル戦となる。

 両者は2017年8月、公式戦で初めて顔を合わせた。藤井はその2カ月前に、公式戦29連勝の新記録を樹立していたが、結果は豊島の勝利。当時、中学生だった藤井は「はっきり力負け」「まだまだタイトルには実力不足。これから一歩一歩強くなっていきたい」と語った。トップ棋士の壁の厚さを実感する結果となった。

 2年後の19年5月、豊島は名人を獲得して三冠となった。名実共にトップとなった翌朝のインタビューで、ある記者がこんな質問をした。

 「藤井七段を以前から評価している。どう見ていますか」

 新名人に対して、まだタイトルを取っていない新鋭についてコメントを求めるのは時期尚早のようにも思える。しかし、豊島は、はぐらかすこともなく、真顔のままこう答えた。

 「素晴らしい才能の持ち主。まだ10代でトップレベルの実力がありますし、伸びしろがあってさらに強くなっていくと思います」

 そして、こう続けた。

「自分とは一回り違うので、彼が25歳の時に自分が37歳。自分が年齢的なものを乗り越えて相当うまくこれからの時間を過ごしていかないと、なかなか彼が全盛期と言われる時に戦うのは難しいかなと思っています。それでも本当にすごい棋士ですから、戦ってみたいですし、それを長期的な目標としてやっていきたい」

 豊島自身、この場で藤井に関する質問が出ることは予想していなかったはずだ。それでも、これだけ具体的な将来像を率直に語ったところに、普段から藤井の存在を強く意識していることがうかがわれた。

 両者はこの年から翌年にかけて対戦を重ねた。結果は豊島の全勝だったが、170手を超す大熱戦も2度あった。相手が強くなっているのを感じていたのだろう。対局後の豊島の口ぶりは常に慎重だった。

 そして、今年1月。両者は第14回朝日杯将棋オープン戦の本戦2回戦で激突した。どちらが勝つかわからない競り合いが終盤まで続いたが、好機をものにした藤井が対豊島戦7戦目にして初勝利を収めた。勢いがついた藤井は、その後、渡辺明名人(37)、三浦弘行九段(47)を破って優勝を果たした。

 いつかは実現すると思われてきた藤井と豊島のタイトル戦。だが、「先輩」が「後輩」に挑むという図式は、当の2人にとっても意外だったかもしれない。王位戦七番勝負の持ち時間は各8時間で、両者の対局では初めての2日制となる。これまでより長丁場となる真剣勝負が、豊島にとって藤井のさらなる成長を実感する機会となることは間違いない。七番勝負は6月29日に名古屋市で開幕する。村瀬信也