79年前、シドニー湾で3隻が… 旧日本軍の攻撃たどる

シドニー=小暮哲夫
【動画】太平洋戦争中にあった日本軍潜航艇のシドニー湾攻撃。そのルートをたどるクルーズがあった=アキナ・ハンセン撮影

 太平洋戦争中の1942年、旧日本軍の潜航艇3隻がオーストラリアのシドニー湾を攻撃した。ちょうど79年を迎えた5月31日、現地の歴史家らの案内で、3隻のルートをたどるクルーズがあった。90人余りが参加し、奇襲作戦の様子を追体験した。

 現地の歴史愛好家らでつくる豪州海軍歴史協会が初めて催した。クルーズ船は、シドニー中心部の埠頭(ふとう)を出発。最初に向かったのは、4キロ近く東側に離れた湾の入り口付近だ。

よみがえる当時の記憶

 42年5月31日夜から6月1日未明にかけて、日本海軍の2人乗りの特殊潜航艇3隻が敵艦に魚雷攻撃するため、シドニー湾への侵入を試みた。

 当時、湾の入り口には潜水艦を防ぐ網が張られていた。1隻目が網に引っかかり、身動きが取れなくなって自爆した。

 参加者の一人、ビブ・リトルウッドさん(85)は当時6歳で、湾の近くに住んでいたという。「母が『騒々しい音がする。何かが起きている』と私を起こしたのを思い出した。当時の記憶がよみがえって興奮するよ」

 次に向かったのは、数百メートルほど奥にある小さな入り江。2隻目が、豪海軍に発見されて沈められ、乗員2人は艇内で拳銃自殺した。同協会の案内役、ノエル・フェレンさん(79)が説明した。「2隻目は、何らかの理由で魚雷を発射できなかった。海軍艦が50フィート(約15メートル)離れたところから、爆雷を落としました」

 クルーズ船は、湾内をさらに進む。シドニー中心部の沖約2キロ。3隻目が、海軍基地近くに停泊していた米海軍巡洋艦シカゴに向けて、魚雷を発射した地点を通った。攻撃の10年前に完成していたシドニーのシンボル、ハーバーブリッジも視界に入る。

 魚雷は命中せず、1発は岸壁に当たって爆発した。この衝撃で近くに停泊していた豪海軍の宿舎用の船舶カタバル号が沈没し、豪兵19人、英兵2人が死亡した。沈没地点に近づくと、フェレンさんは「(豪州は潜航艇の乗員に)とても人道的な扱いをしたのです」と付け加えた。

遺灰や遺品、日本へ

 豪州側は1隻目と2隻目を引き揚げ、乗員4人の遺体も収容。彼らの勇気をたたえて海軍葬をし、日本政府に遺灰を送った。クルーズ参加者のスタン・ジョデイキンさん(69)は「日本軍の犠牲に敬意を払ったことは知らなかった。感心した」と話した。

 豪退役軍人省の説明によると、豪州側には、お返しとして東南アジアで日本軍の捕虜になっていた豪州人の処遇の改善を期待する意図もあったとも言われる。

 戦後の68年には、2隻目で自殺した海軍大尉、松尾敬宇さんの母のまつ枝さんが、故郷の熊本県山鹿市から訪豪。豪州側は、松尾大尉が身につけていた千人針を返還した。

 魚雷攻撃をしかけた3隻目は湾外に逃れ、行方がわからなくなった。2006年、湾外の海底に沈んでいるのが見つかった。

 クルーズには、紀谷昌彦・在シドニー総領事や、日豪関係の歴史に詳しい豪州国立大の田村恵子名誉上級講師も参加した。田村さんは「潜航艇からどんな風景を見ていたのかが実感できて、興味深かった。ハーバーブリッジも見たかもしれない」と語った。

 同協会のデビッド・マイケル会長は「今や豪州と日本は互いにとても重要な相手になった。歴史的背景を知ることで、前向きな未来があると思う」と話した。(シドニー=小暮哲夫