アカデミー主演男優賞ホプキンス、「ファーザー」を語る

小峰健二

 世界を震え上がらせたレクター博士の不気味な表情ではなく、近所にもいそうな好々爺(こうこうや)の笑顔が、パソコンのモニターに映し出されていた。

 映画「ファーザー」で、今年の米アカデミー賞の主演男優賞を手にしたアンソニー・ホプキンスは、授賞式前にリモートでの朝日新聞のインタビューに応じていた。

 新聞で実現したのは、フランスの1紙と朝日新聞のみ。しかも、受賞は逃したものの助演女優賞にノミネートされたオリビア・コールマンをともなって、である。

 ともにイギリス出身で、過去にオスカー像を得ている名優なのに、高飛車さのかけらもない。終始リラックスした様子で出演作や演技について柔和な笑みで語ってくれた。

「言葉が私自身を役に押しやってくれた」

 「脚本がすばらしく、題材もパワフルでした」

 「脚本に忠実に演じただけで、特に準備はしなかったのです」

 主演作「ファーザー」について聞くと、ホプキンスは自身の芝居はそっちのけに、シナリオの完成度ばかりを誇っていた。

 演じたのは、同名のアンソニー、81歳。ロンドンで独り暮らしをする彼は、娘アン(コールマン)が手配した介護人を拒否する偏屈で嫌みな老父だ。かくしゃくとしてはいるが、現実と幻想の境があやふやになっている様子が伝わってくる。

 そう、アンソニーは認知症を発症していたのである。

 「羊たちの沈黙」(1991年)のハンニバル・レクター博士役でアカデミー主演男優賞を得た名優にとっても、認知症の老父役は難しさもあったのではないか。どんな下準備をしたのかと水を向けると、「特に準備するようなことはなかった」と即答する。

 「だって、私はいま83歳ですよ! 重ねてきた年齢や経験値を、今回の役に反映させればいい。だから、難しさなんて感じず、むしろ楽だったのです」

 演技を助けたのが、フロリアン・ゼレール監督らによる脚本だ。

 2012年のフランスでの初演から30カ国以上で上演されてきた戯曲「Le Pe(eに`)re 父」を、作者のゼレール自身が映画用の脚本に仕立て直した。舞台は日本でも上演され、出演した橋爪功読売演劇大賞の大賞・最優秀男優賞に輝いた。

 ホプキンスは言う。

 「脚本に書かれている言葉についていけばよくて、私的なインプットや準備はなくていい。言葉が私自身の体を役の方に押しやってくれたのです」

 そして、よどみのない声で続ける。

 「私はいつも脚本に従います。それは奇妙なサイコロジー(心理)かもしれないけれど、それが武器なんじゃないかと思うことがある。書かれている言葉について行くと、体や気持ちが自然に動くことがあるのです」

「それは私に言っているのか?」

 熟練の先輩俳優の金言を、コールマンはにこやかな表情を浮かべ、別の場所からモニター越しに聞いていた。今回、認知症になった父に振り回されつつも、優しい目で見守る娘アンを好演している。

 彼女に、偉大な俳優との共演はどうだったかと聞いてみると、開口一番声を上げた。

 「夢がかなったんです!」

 「アンソニーは心が広くて、とても優しい。会ってすぐに仲良くなることもでき、本当に毎日が素晴らしい体験でした。毎日が天国でした!」

 続けて、先輩から学ぶことはあったかと聞くと、ホプキンスが「私の方が彼女から学びましたよ」と割り込んでくる。そんなおちゃめな姿に爆笑してコールマンは言う。

 「私がヒーローだと思っているような役者は、本当に自然体の方が多いのです。存在感を見せつけなきゃという感じもなく、肩に力が入っていない。いつも本当に楽しそうにしているので、そこは見習わなければならないと思いました」

 コールマンもまた、「女王陛下のお気に入り」でアカデミー主演女優賞に輝いたスターの一人。

 ホプキンスは言う。「私たちは『偉大だ』と簡単に口にしてしまうけれど、私より若いオリビアは間違いなく多くのことを達成している才能豊かな俳優だと思っています。年上だからといって、私から何かを教えるということはまったくありません」

 「仕事をする時は、互いをリスペクトし、そして楽しみながら映画を作っていくべきではないかと思います。今回も、そのように映画を作っていきました」

 コールマンの「いい答えね」という感想に、ホプキンスは顔をほころばせる。83歳は、大御所ぶることもなく、記者の質問にも終始にこやかに応じてくれる。

 その優しさに甘え、「83歳という年齢でも、まだ俳優を続けるつもりか。引退は考えないか」と少々ぶしつけな質問を投げかけてみた。

 すると笑顔だったホプキンスは急に真顔になった。

 「それは私に言っているのか?」

 息をのんだ。調子に乗りすぎたとおじけづいた瞬間、すぐにフフフと笑い声を上げ、悪ふざけしてみせたのだと分からせてくれた。

 「私は引退なんて、考えたこともないんです。こういう仕事ができていることに、感謝の気持ちでいっぱいですしね」

 「むしろ仕事があることが大切なんじゃないかと思います。逆に『引退』がキラーになるようなことがあります。しゃにむに働いてきた人が、仕事をやめた途端にガタガタと崩れていくという話も聞きます」

 「何かで読んだのですが、健康にはある程度のストレスが必要だということを知りました。引退してストレスフリーな日常になり、毎日ゴルフなんかを楽しんでいる中で、心臓発作に突然見舞われて亡くなるなんてこともあり得る。その辺はバランスですよね」

「煉獄に置かれているような感覚」

 インタビュー取材を行ったのは2月中旬のことだった。ホプキンスとコールマンが仕事の拠点とするアメリカやイギリスも新型コロナウイルスが猛威を振るい、映画を上映する劇場も苦境に立たされていた。

 映画をなりわいにしている2人は、文化芸術にまで影響を及ぼすコロナ禍をどう捉えているのか。ともすると「不要不急」と言われる映画は、コロナ禍においてどんな意味を持つのか――。最後に聞いてみた。

 ホプキンス。「私たちは今、煉獄(れんごく)と言えるような、二つの現実、二つの世界の間に置かれているような感覚になっています。奇妙な夢の中にいるようですよね」

 「そんな感覚の中で、劇場は壊滅的で大変なことになっていて、学校に通えない子どもたちもたくさんいる。なかなか今はつらい時期です」

 コールマン。「映画が持つストーリーテリングというものは、私たちを違う場所に現実逃避させてくれる重要な側面もあります。それに、みんなと一緒だという共感をもたらしたり、あるいは違う状況にいる人への理解を促したりする役割もあります」

 「そもそも洞窟の壁画の時代から物語は重要だったわけです。私たち人類は物語をずっとシェアしてきたし、それは今も大事なことだと感じています」

 ホプキンスは深くうなずき、「私も同じ意見です」と応じた。

 このコロナについての質問のみ真剣な表情だったが、2人は最後にまた笑みを取り戻した。

 コールマンが「近いうちに、日本で会いましょうね。ああ、日本に行きたい!」と声を上げると、ホプキンスが「楽しみなことでもあるの?」と聞く。「息子が日本語を学んでいるの!」と応じたコールマンが日本語で「ありがとう」と言う。

 ホプキンスもその日一番の笑顔で「ありがとう」と言って、20分のインタビューは終わった。

 認知症の父と、介護する娘を描く「ファーザー」は、5月14日に公開される予定だ。小峰健二