家族で使える。朝日新聞デジタル キャンペーン・ダブルコース受付中!朝日新聞(宅配)購読料+500円/月(税込)購読料開始月無料+有料6ヵ月思い仕込みは12/11まで

朝日新聞を宅配でご購読の方 +500円/月(税込)で申し込む


キャンペーン・ダブルコースとは?

新聞をご購読でない方+500円/月へのコース変更

※購読開始月は無料で、その後の6カ月間は有料[+500円/月(税込)]です。 以降、6カ月単位で自動更新されます。
※継続を希望されない場合は、ご契約期間満了月にご自身で解約手続きをお願いいたします。
※お申し込みは国内在住の方に限ります。

家族で使える。朝日新聞デジタル
  • 気になる記事はボタン1つでスクラップ!
    まとめて見返せば、自分の興味が見えてくる。

    過去1年分の記事を調べ放題!
    「面接直前にサクッと検索!」なんてことも

    さらにメモも可能!
    感想を書くことで、
    記憶に定着しやすくなる!

朝日新聞を宅配でご購読の方 +500円/月(税込)で申し込む
デジタル版はこんなに便利

移動時間や待ち時間もムダにしない!

紙面ビューアー
時間を有効活用

いつでも場所を選ばず、
パソコン・スマホ・タブレットで1面から
テレビ面まで、いつもの紙面と
同じレイアウトで
そのままお読みいただけます。

※バックナンバーは、本社版だと2週間分、地域面だと1週間分ご覧いた
だけます。

「分かったつもり」で終わらせない!

過去記事検索でニュースを深堀り

「マイナス金利って、
どんな経緯で導入されたんだっけ??」
例えばそんな時、調べたいことのキーワードを
入力するだけで、過去1年分の記事から
検索できます。

※一部検索・閲覧できない記事があります。

記事を後でじっくり読みたいときに!

ワンタッチで記事スクラップ

ワンタッチで保存できて、備忘録代わりに
メモも残せる「スクラップブック」。
最大5,000件まで保存でき、
パソコン版で印刷もできます。

朝日新聞を宅配でご購読の方 +500円/月(税込)で申し込む

追加料金なしで関連サイトが読める!

明日をひらく、多様な言論の広場 WEBRONZA

各分野の第一線で活躍する学者や専門家、ジャーナリスト、アルファブロガー、朝日新聞の論説委員ら約200人にのぼる執筆陣が多彩な論考を提供。「今を読み解き、明日を考えるための知的な材料を提供する、多様な言論の広場(プラットフォーム)」を目指します。

The AsahiShimbun GLOBE

世界の様々な話題を、掘り下げた取材で伝える「朝日新聞GLOBE」のウェブサイトです。紙面の内容を発行当日にデジタルでもお届けします。さらに、紙面には載っていないウェブ独自の記事や写真、動画を随時掲載します。

法と経済のジャーナル Asahi Judiciary

コンプライアンス、雇用・労働、消費者保護など幅広い分野を対象に、企業などの組織や経済・社会の今後に影響を与えるかもしれない法制度やその運用・執行、経済事件の背景や裁判をできるだけ詳しく伝えます。

  • 仕事で忙しい方
  • 暮らし上手を目指す方
  • 就活に活かしたい方
  • 40代技術職
    システム系の仕事をしており、妻と子どもと3人暮らしです。
    50代人事職
    最近、念願だった人事職に転職しました。いまの関心は、家庭内で妻と2人でどう共存していくかということと、今後の生活設計です。
    50代事務職
    大手電機グループ系の会社に勤めています。もうじき60歳ですが、定年で引退して悠々自適とは絶対にいかないので、別の仕事ができないかと検討しています。
    50代営業職
    製薬メーカーに勤めています。妻と、中学3年の娘と、小学6年の息子がいるので、今後まだお金がいると思って「うーん」と悩んでいるところです。
    40代公務員
    行政機関で教育関係の仕事をしています。最近家庭の時間が取りやすくなってきたので、なるべく子育てに協力しています。
    40代・技術職

    朝の電車の中で読んでいます。あとは仕事以外に、ボランティアでビジネスパーソン向けのカウンセリングをやっていて、初めに仲良くなる必要があるので「どんなことをしているんですか」と伺う際に、幅広な知識が欲しいと思っています。ネット検索だと、どうしても好きな記事だけで読んで、自分が読みたくないものを飛ばしてしまう傾向があるのですが、一方で新聞は幅広く書いてあるので、こんな話もあるんだと発見がある。世の中をなるべく広く理解しようと思うと、その入り口としてはすごくいいのかなと思います。

    50代・人事職

    ネットやテレビやラジオもある中で、毎日の出来事を効率よく押さえる手段として、取り入れているのが朝日新聞かなと思います。仕事に関係するものだけでなく、文化面なども含めて自分に合っている感じがします。

    50代・事務職

    仕事の昼休みに各紙のデジタル版を見ています。仕事で特殊な製品を売っていまして、取引先と関連しそうな情報は読むようにしています。

    50代・営業職

    記事を読んで仕事のネタにすることがあります。最近では、「患者を生きる」の骨髄移植の記事をツールにして、医療現場の先生と、治療方針や現在の医療実態の会話をしました。

    40代・公務員

    私は教育関連の仕事をしており仕事で読むこともあります。例えば、「ひととき」という投書記事を読んで、学校生活に関わると思うところや、教育と直接関わらないところでも、本質的に通じると思うところを参考にすることがあります。

    40代・技術職

    私自身はデジタル版中心で、妻が紙面中心で読んでいます。デジタル版は過去記事をさかのぼれるのがいいと思っています。記憶に新しいものでは、中国共産党の特集記事などいっぺんに読み切れない記事を、読みたいと思った時に過去にさかのぼったりしました。

    50代・人事職

    読む頻度としてはデジタル版が多いですが、興味がない記事でも目に入ると読んでしまうのが紙面の魅力だと思います。デジタル版を使うようになってから、紙面との使い分けができるようになったので、時間がすごく有効活用できるようになりました。

    50代・事務職

    紙面は毎朝届くので毎日読んでいて、デジタル版は週4、5日のイメージです。デジタル版は日々読むと言うよりは、面白そうな連載や過去記事を検索したいときなどにさかのぼって読んでいます。

    50代・営業職

    朝は忙しいので、とりあえず紙面を一通り読んで、面白そうなトピックがあれば電車の中でデジタル版で読んでいます。

    40代・公務員

    土日は、家にいるので、家で紙面で読むことが多いです。平日は時間を取れないので、職場で休憩の合間に、デジタル版で必要な部分をさっと読みます。後で詳しく見たいところだけをスクラップしておくという使い方。仕事中でも必要であれば読んでいます。

    40代・技術職

    「折々のことば」はよく読んでいます。そこに書いてあることを理解するのに、いつもすごく時間をかけています。パーッと読んでわかるものじゃないけど、そこには何か自分は知らないけど、気がつかせてくれるものがあると思います。

    50代・人事職

    衆議院選挙の記事は、今朝読んで印象に残っています。原発問題で、自民党と公明党がどの辺の立ち位置にいるか、すごくシンプルでわかりやすい表が載っていて気に入りました。もちろん、文章で書いてある論点も大事だが、視覚的にも理解できたのが良かったです。

    50代・事務職

    地域版を読んでいます。デジタル版だと北海道から九州まで地方版の記事一覧が見られるのがいいですね。

    50代・営業職

    「おんなのイケ麺」が好きです。東京近郊のお店が多く掲載されていて、機会があったら行けるので。「帰ってきた食べテツの女」とかも好きです。そういうものは、小ネタとして飲み会とかで使えるので。あとは、若い子と喋るための小ネタにもしています(笑)

    40代・公務員

    「天声人語」「折々のことば」は、読み終わった後に感じるものがあるし、限られた文字数の中で、どうして人の心を揺さぶられるんだろうと考えながら読みます。文字数が限られた中ですごいなと思いながら。あるいはその中で、自分ならどうやって書くかとか、どういう言葉で伝えるかなと考えるきっかけとして、読むことがあります。人に何かを伝える時に、生かせるかと思っています。

    40代・技術職

    検索機能はよく使います。最近では、立憲民主党ができたと聞いて「へぇー」と思い、そこに関する記事をもう1回洗っておこうと検索しました。あとは、紙面ビューアー。電車の中でスマホで読むことができるので、新聞を広げなくて済むのは助かります。

    50代・人事職

    MYキーワードを使っています。気になる記者の記事を見逃したくないので、記者名をキーワードで入れています。

    50代・事務職

    スクラップ機能は便利だと思います。紙面では切り抜きをやらなかったのですが、デジタル版のスクラップは、ポンとボタンを押せば簡単に記事を保存してくれます。

    50代・営業職

    スクラップ機能を使っています。仕事と関連のある医療記事を貯めておいて、一般的な治療方針を復習してから仕事に行ったりします。

    40代・公務員

    MYキーワードです。特定のキーワードを入れておくと関連記事がどんどん入ってくる。仕事と関係のある「教育」「小学校」「中学校」などを登録していて、職場で読んでいます。

  • 40代福祉専門職
    社会福祉法人で高齢者の相談を受けています。夫と中学生の子供がいます。
    50代教育専門職
    中学校の相談員をしています。夫と大学生の息子が2人います。
    40代専業主婦
    専業主婦でときどき派遣をお願いされて働くこともあります。家族は夫、中学生の息子がいます。
    50代自営業
    子どもは娘が2人。朝日新聞のプレゼントコーナーの映画試写会にハマっていて、毎回応募しています。
    50代事務職
    夫、娘、息子がいます。仕事は音楽教室のパートをしています。
    40代・福祉専門職

    電車の中で読んでいます。以前は紙面を持って行っていましたが、混んでいると広げにくくて。その点、スマホなら混んでいても読みやすい。

    50代・教育専門職

    子どもの受験で時事ネタが出るから、子供に「ちょっと見なさい」と見せるために購読しました。最近ではデジタル版に息子が興味を持ちそうな記事が出ていたので、リンクを貼ってLINEに流しました。

    40代・専業主婦

    朝に紙面をじっくり読んで、デジタル版はメールチェックするときにメルマガから入っていくことが多いです。最初は無料会員でしたが、サッカー観戦チケットの募集で有料会員限定のものがあって有料登録しました。

    50代・事務職

    記事を読んで息子と娘と話すことはあります。子どもがマスコミ関係の仕事をしていて詳しいので、本当はこうだったんだとか、朝日新聞ではこう書いてあるが、この新聞だと違う側面から書いてあるとか話してくれます。

    40代・福祉専門職

    デジタル版は動画があるのがいいですね。災害記事など悲惨さが伝わってきます。紙面は自分が興味がないところまで見られるし、こんなこともあるんだと、深く、もれなく載っている感じ。同じ記事でもデジタル版の方が文章が長かったりするものもあるから、紙面で興味があったらデジタル版も見ています。

    50代・教育専門職

    最近ではデジタル版を使う頻度が増えています。スマホで文字を拡大して読めるので。紙面では新しい本の情報があると、切り取ったりしています。

    40代・専業主婦

    紙面は何年もスクラップしています。以前、紙面で見たノースフェースのブーツがどうしても欲しかったのですが、スクラップし忘れていて、そんな時にデジタル版で検索したら出てきました。基本は紙面でスクラップしているが、忘れたときにデジタル版だとさかのぼれるのが便利でした。

    50代・自営業

    紙面とデジタル版を半々で使っています。ずっと紙面派だったのですが、デジタル版だと読者投稿が便利です。読み終わった後にメールアドレスをクリックするだけで、すぐにそこから投稿できます。例えば「女子組」とか。何度か掲載してもらったから嬉しくなって、親しみが出てきました。

    50代・事務職

    私は紙面の方が好きなので、家では紙面が中心です。紙面を読んでいて、デジタル独自の記事が紹介されていると、デジタル版に行ってみたりします。あとは、電車の中、実家、旅行先など外出中にもデジタル版で読みます。

    40代・福祉専門職

    「患者を生きる」を読んでいます。仕事が福祉関係で、患者の家族の大変さが心に響きます。デジタル版だと傍聴席(「きょうも傍聴席にいます。」)の連載も読んでいます。事件の背景や人物の生き様を知ることができます。

    50代・教育専門職

    デジタル版は地方版が読めます。紙面だと自分の地域だけですが、(自分の地域以外も)その土地のお祭りなどが出ているから、行きたいなと思ったり、地方の心温まる小さなニュースもあるから癒やされたり、行動するきっかけにもなります。

    40代・専業主婦

    経済・国際などの硬派な記事は紙面でさらっと読んで、デジタル版で読むのはワイドショーみたいな記事。傍聴席(「きょうも傍聴席にいます。」)や「おんなのイケ麺」などを読んでます。ワイドショーを観るやじうま根性です。

    50代・自営業

    「花のない花屋」、「おバかわいいね写真館」などを読んでいます。仕事や家庭だけでなく、新聞で違う世界に入ってほっこりしたい。

    50代・事務職

    女優の大竹しのぶさんや黒木瞳さんの記事。女優さんはどんな暮らしなのかなとか、違う世界の人はどんな生活かなと思ったりしています。あとは、「おんなのイケ麺」。こんなお店に行ってみたいなと思って読んでます。

    40代・福祉専門職

    紙面ビューアーは、2~3日前の朝刊を読みたいときなどに使っています。あとはスクラップ機能。料理のレシピとか、興味があること、後で読みたいものをスクラップして保存しています。

    50代・教育専門職

    MYキーワードを登録しています。教育関連のキーワードを登録していて、その関連記事を仕事に役立ています。自分の関心のあるトピックが、動画などでどんどん更新されていくのがいいなと思いました。

    40代・専業主婦

    私は機能はあまり使っていなくて、何か思い出したいときに検索をかける程度。だいたいトップページから好きな記事に飛んでいくような読み方。

    50代・自営業

    紙面ビューアーは懸賞を応募するときに使っています。昨日の紙面夕刊にあったよなと思い出したときに、デジタルでさかのぼって応募しています。

    50代・事務職

    アクセスランキングはいつもチェックしています。みんなが何に興味があるのかが分かるし世間の人が読んでいるなら読んでみたいなという気持ちになります。

  • 20代通信業界内定
    大学は経済学部で、就活は幅広く回っていて、通信、証券、大手コンビニ業界で計4社内々定しています。
    20代マスコミ業界内定
    大学は経営学部です。マスコミ業界で2社に内々定しました。
    20代金融業界内定
    大学は人間環境学部です。就活は幅広く見ていて、総合商社、金融、航空系も受けました。内々定を頂いたのが金融です。
    20代出版業界内定
    大学は文学部です。マスコミ業界を受けていて、最終的に内定を頂いたのは出版社です。
    20代航空業界内定
    大学は学芸学部で、就活は業界に関わらず広く受けました。IT・法律・航空業界の内々定を貰いました。
    20代・通信内定

    就活の際に、受ける企業名で記事検索していました。必ずやっていたのが、面接の待ち時間で最新のニュースのチェック。もし面接官に聞かれたときに同じ業界の話題やその会社のことを言ったほうが相互理解が深まるし、話が盛り上がる一つのタネとして使いたいと思っていました。たまたま最終面接前に調べたことを関連づけながら話せたので、面接官から「新聞よく読んでるの?」って聞かれたこともあり、やっておいて良かったです。

    20代・マスコミ内定

    面接会場への移動中に、記事検索を使って、面接で話す題材をいくつか準備していました。

    20代・銀行内定

    MYキーワードに受ける会社名、業界のキーワードを登録したり、記事検索で、会社名を入れて最低限の知識を入れて、面接で答えられるようにしていました。説明会の際も質問する時間があったら、記事検索の記事をもとに質問できます。

    20代・出版内定

    朝、家でWi-Fiがつながるうちに紙面をダウンロードして、電車の中でそれを見返していました。就職説明会が増えると、外でお昼を食べる機会が多かったので、食べながら記事検索を使ったり、チェックしきれなかった記事のチェックをしていました。

    20代・航空内定

    朝起きてインスタをチェックする前にピッとデジタル版を立ち上げます。あとは、朝日新聞デジタルのLINEを登録をしているので、朝8時ぐらいにいつもチェックしています。就活中はメールが大量にくるので、(メールに埋もれないように)LINEアカウントを入れていました。

    20代・通信内定

    私はアプリ中心に使っています。アプリだと紙面をまるまる見れるし、紙面ビューアーで見たい記事を拡大して読めるのが良かった。

    20代・マスコミ内定

    記事検索やMYキーワードを設定して、手軽に時間をかけずに記事を探せるのが、デジタル版のいいところだと思います。紙面の良いところは、特定の記事を読むときに周りの記事も目に入るところ。こういう記事もあるんだと思って、新しい発見も多いです。

    20代・銀行内定

    就活中はデジタル版がいいなと思います。時間がない中で、効率的に気になる記事や最低限の必要な知識を身につけるには、デジタル版のほうが自分がほしい情報がすぐ出てくるので良かった。紙面の良いところは、キーワード検索しても出てこないような記事が自然と目に入る所です。紙面で印象に残っているのは、お客様への接し方に関する記事で、仕事全般に関して参考になりそうなものでした。そういう記事は会社名で検索してもヒットしづらいので、紙面ならではの発見でした。

    20代・出版内定

    就活の面接で、「世間一般のオンラインニュースではなくて、どうして新聞読んでるの?と聞かれたことがありまして、オンラインニュースと新聞の違いについて話をしたことがあります。「オンラインニュースは良くも悪くも、自分の見ている記事のデータに基づいて、自分に関連するニュースを最適化して表示してしまいます。それよりも様々な記事が載っている紙面で見たほうが幅広い知識を得られると思う」と話しました。

    20代・航空内定

    紙面の方は一覧でパンと見られるのが見やすくて良いです。その点で、デジタル版でも紙面ビューアーを見られるのがすごく良くて、いつも紙面ビューアーをスライドして、いい記事があったらチェックしています。そこで気になった記事はスクラップもしています。

    20代・通信内定

    デジタル版で、就活に関する特集を読んでいました。周りの就活生の動向を客観的なデータとして見ることができたので、1日の面接が終わった後に見たりしていました。

    20代・マスコミ内定

    「天声人語」です。就活で文章を書く課題があり、参考にしていました。「天声人語」は本文の内容とは違う内容から入っていくことが多く、そこのうまいつなげ方を参考にしていました。

    20代・銀行内定

    就活を終えてからは紙面中心で、ゼミが国際法なので卒論に役立ちそうな記事を読んでいます。「いちからわかる!」の経済や国際系の記事は切り抜いています。あとは「折々のことば」は毎回読んでいます。

    20代・出版内定

    就活時期は、「天声人語」の書き写しを1ヶ月ぐらいひたすら続けていました。「天声人語」は文章の起承転結がしっかりしているので、起こしとオチがついた話が書けるようになりました。エントリーシートの添削をしていただいた大学の先輩に、文章のレベルが上がったと言ってもらえました。

    20代・航空内定

    「天声人語」はエントリーシートの参考に読んでいました。「天声人語」は603文字の限られた中で毎回プロが試行錯誤して書かれていると聞いていたので、それを読んでいたら文章力がつくかなと。

    20代・通信内定

    新聞では唯一朝日新聞デジタルをLINE登録しているので、1日1回は見るようにしています。他にはデジタル版トップの上の方に天気予報があって見ていました。就活の6月になると、忙しいので傘を持参するかなど細かいことが気になります(笑)

    20代・マスコミ内定

    記事検索はどこにでもある機能ですが、朝日新聞の中で検索すると確実な情報が出てきます。スマホなどで検索すると信用度の低いフェイクニュースが出てきたりします。面接でそれを話して、「それ違うよ」と言われたらと思うと恐ろしいですね……

    20代・銀行内定

    スクラップ機能を使っています。時間があるときにいいなと思った記事をスクラップしていました。

    20代・出版内定

    スクラップ機能の「タグ設定」が特に役に立ちました。気になった記事を片っ端からスクラップしていたので、一覧を見たときに、どれがなんのためにスクラップしたのか後から見返したときにわからなくなってしまったことがあって、それを改善するために、志望業界や趣味でタグ付けをして、タグ付けしたものを後から振り返るようにしていました。あとは、ゼミのテーマの古典文学や、就活と関連する国債、金融、女性問題など、いろいろなタグを付けていました。

    20代・航空内定

    MYキーワードを活用していて、就活に関わる航空系のキーワードを設定していて、そこから気になったものをチェックしていました。また、就活とは別に、明るいニュースも入ってくるように設定していて、出産関連などの温かい話題なども届きました。

朝日新聞を宅配でご購読の方 +500円/月(税込)で申し込む

ご利用上の注意

  • 家族での利用は同居の方に限ります。
  • 「キャンペーン・ダブルコース」は、国内在住の方限定です。
  • 「キャンペーン・ダブルコース」は、デジタル版の購読期間中、朝日新聞(宅配)のご購読が必要となります。
  • 「キャンペーン・ダブルコース」は、購読期間中の途中解約や、コース変更はできません。
  • 「キャンペーン・ダブルコース」は、購読期間満了後も、6力月単位[+500円/月(税込)のキャンペーン価格]で自動更新されます。
  • 更新後、購読料及び購読期間の改定が行われた場合は、改定後の内容が適用されます(改定前に、ご登録頂いたメールアドレスに事前にお知らせをいたします)。継続を希望されない場合は、購読期間が満了する月に、解約手続きをお願いいたします。
  • デジタル版は朝日新聞社との契約、朝日新聞(宅配)はASA(朝日新聞販売所)との契約となります。
  • 朝日新聞(宅配)を購読中の方は、朝日新聞(宅配)については、そのままの契約および支払い方法をご継続いただけます。
  • コンピューターや通信機器の費用、および通信料金等の費用は別途、お客様のご負担となります。ご利用には大量のパケット通信費がかかるため、通信各社のパケット定額サービスへの加入を強くお勧めします。
  • ※購読開始月は無料で、その直後の6カ月間は有料[+500円/月(税込)]となります。
  • ※購読開始月無料はデジタル版のみとなり、朝日新聞(宅配)の購読料金はかかります。
  • ※デジタルコースから、本コースに変更する場合は、朝日新聞(宅配)契約が必要です。
  • ※キャンペーン料金は、コース変更手続きをした翌月から適用され、6カ月間は有料[+500円/月(税込)]となります。
[お問い合わせ]
・朝日新聞デジタル お問い合わせ専用ダイヤル 0120-383-636
・受付時間 9:00~21:00(月~金)、9:00~18:00(土)、日・祝日はお休みさせていただきます。
・決済、認証サービス朝日IDについてはこちらhttps://id.asahi.com/