メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「参院、自民で単独過半数」賛成36%・反対47% 連続世論調査

紙面写真・図版

参院選の結果、自民単独で過半数を…

 朝日新聞社は13、14の両日、参院選の連続世論調査(電話)の3回目を実施した。比例区投票先は自民が43%(6、7日の連続調査2回目41%)と、依然として他の党を引き離し、最も多かった。しかし、自民が単独で参院の議席全体の過半数(122)を「占めた方がよい」は36%で、「占めない方がよい」の47%の方が多かった。▼4面=「ネット参考」29%

 今回の参院選で自民は72議席を得れば、単独過半数を達成する。公示日の4日と翌5日に朝日新聞社が実施した参院選序盤情勢調査では、自民は70議席に迫る勢いを示している。

 比例区投票先は、公明8%(連続調査2回目4%)、民主6%(同8%)、日本維新の会6%(同7%)、みんなの党6%(同7%)、共産6%(同5%)などとなっており、自民の1強ぶりが続いている。

 しかし、参院選の結果、自民が単独で過半数を占めることの是非を聞いたところ、「占めた方がよい」の方が少数派だった。自民投票層でも「占めた方がよい」は53%にとどまり、「占めない方がよい」が36%もいた。公明投票層では17%対54%と逆転。全体の46%を占める無党派層でも24%対50%だった。

 一方、日本の政治に求められているのは「政治の仕組みを大きく変える」が31%で、「今より政治を安定させる」の60%の方が多かった。自民投票層は24%対73%と「安定」志向が強いが、維新投票層は54%対44%と「変革」派の方が多かった。

 安倍政権が進めようとしている憲法96条の改正や原発再稼働については、依然として反対の方が多かった。憲法96条改正に賛成は31%(6月29、30日の連続調査1回目34%)で、反対は48%(同47%)。原発再稼働については、賛成28%(同29%)、反対56%(同53%)で、内閣支持層でも38%対48%、自民投票層でも40%対45%と反対の方が多い。

 

7月15日朝刊記事一覧へ

検索フォーム

バックナンバー

注目コンテンツ

  • ショッピング大人に人気のナノスパイダー

    世界最小級の46mmサイズ

  • ブック・アサヒ・コム宇宙飛行士の古川さんと読む

    「宇宙からの帰還」

  • 【&M】石川佳純らトップアスリート

    ランニングスタイルでポーズ

  • 【&w】デザイナーの顔が見える雑貨

    名児耶秀美インタビュー

  • Astand「羽生結弦を倒す男」は誰?

    日本男子黄金時代へ!

  • 写真

    ハフポスト日本版 「ムーミン展」開幕

    日本初公開の原画やジオラマも

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報